タグ:落語 ( 4 ) タグの人気記事

落語会 柳家三三師匠

昨日、昼間はすごい風で、
庭のバラのフェンスは倒れるわ、鉢は飛ぶわで、
家の中におとなしくしていたのですが、
夕方、風もおさまったので、家族で地元の落語会に出かけました。

出演は柳家三三師匠。
最近三三師匠は大人気で、毎回動員人数を更新しています。
この日も、130人を超える人が訪れていました。
あまり広くない畳敷きの会場。
でも、マイクを通さない生の声が聞ける貴重な寄席です。
中には三三師匠の追っかけの方もいて、
都内から電車で1時間かけてくる人も・・・

演目は三席
道具屋(どうぐや)
鹿政談(しかせいだん) 
宮戸川(みやとがわ)


道具屋は大好きなお話。
でも、生で聞いたことがなかったので(テープや本でしか知らなかった)
いつか、聞きたいとずっと思っていました。
客と与太郎のやり取りが面白い。
さすが、三三師匠です。

鹿政談はどこかできいたことがあります。
最近、ドラマでも有名な奈良の鹿の『奈良の名物といえば、大仏に、鹿の巻き筆、あられ酒、春日灯篭、町の早起き』ではじまるお話。
奈良町奉行と鹿の守役、正直者の豆腐屋の六兵衛さんのやりとりがやはりおもしろい。
三三師匠の表情の違い、声の出しかた、上手ですね~

宮戸川は色っぽいお話。
盛り上がってきたところで、「時間です」という落ち。
小5の息子を連れていた母としてはホッとしたりして(笑)

にいたんは道具屋がお気に入り。
帰ってきて、夜、布団の中で、

「じゃあ、その鉄砲を見せい。これはなんぼか?」
「一本です」
「代じゃ」
「樫です」
「金じゃ!」
「鉄です」
「値(ね)は!?」
「ズドーン!」
という、落ちの部分を言ってはケラケラしていました。
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-25 08:36 | 日記

落語

昨夜、また家族で落語に行きました。
今回は柳家三三(さんざ)師匠。

三三師匠はいつも三席語ってくれます。
今回も
「ふだんの袴」「言訳座頭」「五目講釈」の三席たっぷり楽しませていただきました。
[PR]
by allemande0611 | 2007-12-17 09:50 | 日記

寄席

日曜日の夜、地元の町内会館で開かれる寄席に行きました。
もちろん落語を聞くのが目的ですが、柳朝師匠に先日のPTA行事のお礼と、お願いした色紙を受け取りに行く用もありましたので、家族で出かけました。

柳朝師匠しっかり枕で、小学校のPTA行事のお話をしてました(汗)

今日の落語は「試し酒」
「不動坊火焔」(ふどうぼうかえん)の2席。

「試し酒」は久兵衛が賭けで5升の酒を飲む話。
だんだんに酔っ払っていく様子、うまそうに酒を飲む様子がとてもおもしろい。
前の方で見ていると、久兵衛の酒臭い息が匂いそうな雰囲気。
これは、ライブで見ないとわからないと思います。
柳朝師匠、お見事でした。
「不動坊火焔」は最後の幽霊と吉さんのやり取りが最高。
幽霊の間の取り方といい・・・もう、笑い転げてしまいました。

終わってから、高座をおりた師匠にご挨拶をして、帰ってきました。
また来月も行こうっと。
来月は柳家三三さんです。
[PR]
by allemande0611 | 2007-11-26 05:42 | 日記

秋といえば・・・

秋の味覚第一位といえばクリ
昨日、茹でては洗い、我が子のように大切に煮た栗の渋皮煮
一晩置いて、最後のしあげ、お砂糖を入れてブランデーをたらしました。

つやつやに煮あがったクリです。
f0115721_227276.jpg


渋皮煮の作り方はこちらです→クリック

そして、秋の味覚、第二位はさつまいも
時間があったので、大学芋も作りました。
f0115721_22101184.jpg


秋と言えば、芸術の秋・・・
夜は近くでやっている落語の独演会に家族で行きました。
今日の落語家さんは柳家三三(さんざ)師匠。
演目は「千早ふる」「王子の狐」「竹の水仙」でした。
いや~笑った笑った。本当に面白かったです。
帰ってきて、食事をしながら、家族であそこが面白かったとか、
ここが良かったよね~なんて話をして、盛り上がりました。
[PR]
by allemande0611 | 2007-09-16 22:15 | 日記