タグ:コンサート ( 12 ) タグの人気記事

Merry Christmas!

みなさんはどんなイブをお過ごしでしたか?

私は
18日に無事に お教室のクラスコンサートを終えました。

23日は すみだステップのお手伝いをに行ってきました。
朝、8時にトリフォニーホールに集合。
昨年はお手伝いできなかったので、
感が戻るのに手間取りましたが(汗)
他のステーションの先生と2人で
アドバイザーのお世話係をしました。

24日は高校3年生のレッスンが一枠あっただけで、
夕方から、サンタカメラでサンタさんが北極から飛び立つ瞬間を見てました。
サンタさんが長旅にそなえて、
トナカイに食事をあげるところや
そりにワックスを塗っているところをみながら、
時間を楽しみました。
その後、ワインとチキンを用意して、
家族でサンタさんの ライブ映像を見ながら食事をしました。

今年のサンタさんのそりにはナビが付いていませんでしたね。
サンタがプレゼントを配っているところを
サンタ追跡カメラでみていると、
まるで、TVドラマ「SPEC」の
一 十一(にのまえ じゅういち)のようだな~っと思って見ていました。

今、サンタさんは南大西洋を横断中ですね。
(現在日本時間25日午前10時過ぎです)


さて、私はこれから、今日は年賀状の準備です。

そして、後は忘年会が2つほど。
今年も最後まで、めいっぱい楽しみます~
[PR]
by allemande0611 | 2010-12-25 10:00 | 日記

入賞者コンサート

耕心館に入賞者コンサートを聴きに行ってきました。

f0115721_11163495.jpg




このシチュエーションで聞いた
リストの森のささやきは
素敵でした(中学生上手~)
[PR]
by allemande0611 | 2010-07-18 23:18 | ぴあの

ステップ追記1 カメレオンの朝

昨日の南大沢ステップの追記です。

8部の後に、松本あすか先生のトークコンサートがありました。

<プログラム>
展覧会の絵
ムソルグスキー作曲/松本あすか編曲

カメレオンの朝
グリーグ・ハービーハンコック/松本あすか編曲


『展覧会の絵』は1枚目のCD「ピアノ・エスプレシーヴォ」に入っているし、
楽譜も出ているから知っていましたが、
2曲目は前日のリハの時にもまだ作り続けていて、
当日直前に書き上がったとのこと。

ハービーハンコックの代表作のようなカメレオンのリズムに
グリーグの朝を合わせて、
あすか先生曰く
「カメレオンが朝起きたくない、
眠いのに朝日があたって、不機嫌な様子から、
だんだん起きていく感じ」
を表したとのこと。

すごく、素敵な曲でした。
次のCDに入らないかな~~~~
[PR]
by allemande0611 | 2010-05-24 09:19 | ぴあの

ピアノ大好きコンサート

秩父ミューズパーク音楽堂に
コンサートを聴きに行ってきました。
f0115721_7315126.jpg

秩父のイチョウはもう色が変わってきています。
寒いんですね・・・

ピアノ大好きコンサート16th

第一部は音楽とお話 「セロ弾きのゴーシュ」
 お話に合わせて挿入曲を弾くのは
 オーディションで選ばれた秩父近隣のこどもたち

第二部はチェロとピアノの演奏

詳しい曲目は「あるまんど通信」の方に書いてあります。

♪:*:♪:*:♪:*:♪:*:♪:*:♪:*:♪:*:♪:*:♪:*:♪

にいたんは部活で行かないというので、
久しぶりにパパしゃんと2人で一時間ちょっとのドライブとなりました。

帰りにじばさんセンターによって、お買いもの

f0115721_734395.jpg私は甘いもの・・・これ気になっていたのよ、前から。
栗助の「すのうぼうる」
秩父産のかえで糖(メープルシロップ)で作られたお菓子。
カエデからとれるカエデ糖(メープルシロップ)は、
その土地が持つミネラル、栄養を豊富に含み、
カロリーも低い非常にヘルシーでナチュラルなんですって。

パパが選んだのはこちら
f0115721_7361922.jpg


やっぱりね・・・
[PR]
by allemande0611 | 2009-08-30 07:40 | ぴあの

結婚記念日のプレゼント

今日、5月31日は22回目の結婚記念日

10年間不妊時代を経験し、
産まれたにいたんは12歳。

ちょうどこの日にジャズステップに出ることになった にいたん。

ジャズが好きなパパしゃんにとっては、
これ以上ない息子からの演奏のプレゼントとなりました。
(私にとってもね)

f0115721_21332227.jpg


曲は
S・ロンバーグの「朝日のごとくさわやかに」
ベースとドラムがカッコよく入ってくれて、
素敵なピアノトリオに仕上がりました。

「Bravo!」を初めてもらって、ご満悦のにいたん。
ピアノでジャズを弾くのは初めてだったけれど、
楽しい経験になったようです。

・・・でも、この曲の歌詞を読むと、
別れ話なんですよね~
ま、気にしない気にしない(笑)


*************

駐車場から出るのに、
イトーヨーカドーで買い物し、
たまたまやっていた抽選会でガラガラを回したら、
なんと にいたん一等賞の商品券をゲット。

ラッキーな一日でした。
[PR]
by allemande0611 | 2009-05-31 21:42 | 日記

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭 食べ物編

何が楽しみって、
コンサートに一日浸っているのもたのしみですが、
ラ・フォル・ジュルネの楽しみは屋台村。

にいたんも「ばくだん玉」につられて、
部活休養日に一緒にでてきました。
パパしゃんも一緒です。

午前のコンサートが終わって、
お外でまず食べたのがこれ。

f0115721_1454753.jpg
爆弾玉。
直径15センチくらいある、タコ焼きのようなもの。
中にこんにゃくやウズラの卵など入っていて、
外はカリっと、中はジューシー。
にいたんはネギポン、私とパパしゃんはチーズを食べました。
写真はネギポンです。








お外で天気がいいから当然これ!
f0115721_1456182.jpg


近くでイタリアンコンチェルトが聞こえる・・・
良い気分です。
あれ?即興も?すご・・・誰が弾いているんでしょう?

ケバブを並んでゲットしてきたにいたん。
f0115721_14585765.jpg


私はタコス
f0115721_14592731.jpg


パパしゃんはハンバーグライス(写真なし)

良い気分になったところで、
パパしゃんは丸ビルのコンサートでブランデンブルグが聞きたいというので、
マスタークラスに行く私たちと別行動。午後のコンサートレポはこちら

*********************

夕方、また、ブランデンブルグ広場で会い、
にいたんはパエリアを食べ、
私たちは長蛇の列を並んで
チキン&ポテト+チーズパンを食べながら、ワインを飲み、
そして、ビールをもう一杯。

最後にデザートでワッフルのカルピスバターかけ、アイスクリームのせ をたべました。

この辺、写真がありません・・・食べるの夢中でした(汗)

ワッフルに並んでいるとき
ちょうど、日テレのお天気の放送オンエアを間近で見ましたわ~
f0115721_1562339.jpg

3人にんで丸ビルのコンサートに行き、
ブランデンブルグをきいて、帰ってきました。
[PR]
by allemande0611 | 2009-05-05 15:06 | 日記

講座そしてコンサート

巣鴨でのバスティン指導法研究講座最終回に参加しました。
全9回のうち1回落としたので、賞状は頂けませんでした(TT)

でも、約一年かけてパーティAからレベル4まで、1ページずつ
勉強出来たのはよかったと思います。

そのあと、めじろ台へ。
ある先生のコンサートを聴きに行きました。

帰りは高尾から八王子経由で帰ってきましたが、
一日旅気分・・・

ピアノの音が心から離れません。
[PR]
by allemande0611 | 2008-12-05 09:37 | ぴあの

あとの2人は誰?

ずっとずっと気になっていたのですが、
恥ずかしくて誰にも聞かなかったのです。
でも、気になって気になって仕方ないので、
皆さんに聞きます!

先日行きました、「熱狂の日」
ラ・フォル・ジュルネ公式ページにでているイラストで、
ピアノにベトベンが座っていて、その向こうにシュベルトさんがいます。
そして・・・
手前にバイオリン、そしてコントラを弾く人がいるんですが、
この2人誰?→http://www.lfj.jp/lfj_2008/enjoy/sub_03.php

誰か教えてくださ~いm(_ _)m
[PR]
by allemande0611 | 2008-05-16 15:26 | 音楽

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭 その2

ラ・フォル・ジュルネ2008
続きのレポです。

ほろ酔い気分で、向かった次の公演場所は
  ホールA(5004席)
   東京都交響楽団 
   小泉和裕指揮
   ベートーベン「フィデリオ序曲」
   シューベルト交響曲第3番ニ長調D200


サントリーホールや東京芸術劇場の大ホールが2000席くらいですから、その倍の席数あります。
その広さには驚きました。ひろ~いいぃぃぃ・・・・
一階席の比較的後ろの方の席にやっとたどり着き、これで、オケの音、生で聞こえるんだろうかとちょっと不安に思いながら座りました。
天井には小さなライトがいっぱい。夜空のようです。

演奏は、うんうん聞こえました。全体にはなかなかよい響きです。でも金管楽器の音が割れて聞こえる・・・これは奏者のせい?
シューベルト3番はさっきの4番の方がよかったです。
というか・・・ワインとビール飲んで、長~いシュベルトさんの曲は眠気を誘いまして(笑)

そのあと、一度広場に戻り、コーヒーをのんで、
頭をはっきりさせて、今度は向い側の建物に移動。
マスタークラスの公開レッスンを聴講しに行きました。
これは有料チケットの半券を持っていると聞けるのです。
講師は先ほどミュージックキオスクでシューベルトを演奏していたフィリップ・カサール氏。
受講生は某音大2年生の女の子。(テレビにも出ている方です)

あまり大きくない会議室にスタインウェイが一台置いてあって、
椅子が100くらい並べてありました。
立ち見の方も多数いて、部屋はぎゅうぎゅう・・・

曲はシューベルトのソナタイ短調作品143 D784から一楽章
10分強のこの曲。
受講生の方も良い演奏をしていましたが、
カサール先生にかかると、丸でマジックを見ているかのように、音楽の世界がはっきり見えて、音の色が分かり、奥行きがでて、本当にすばらしかったです。
カサール先生フランス語で「黒沢明監督の『夢』という映画見たことある?あの雰囲気わかる?」と言っていましたが、1990年の映画だもの。若い彼女は見ていないと思います。

一時間のレッスンなんてあっという間。「もっと時間が欲しいですね~」とカサール氏。
そのあとはジャン=クロード・ベヌティエ氏のレッスンでしたが、遅くなるので退散しました。
私は聞きたかったけれど、後の2人がね~

帰りに、青島広志先生のシューベルトの本を買って帰ってきました。


東京では2005年に始まったこのイベント。
ベートーベン、モーツァルト、民族音楽ときて、今年はシューベルト
来年のテーマは何でしょう?
[PR]
by allemande0611 | 2008-05-09 06:09 | 音楽

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭

行くつもりはなかったのですが、
急に、行く気になって、連休前ぎりぎりに5月5日のチケットを取りました。
ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭
フランス ナントで1995年に始まった音楽の祭典。

日本では4年目になるそうです。
今年は5月2日から6日までの会期中、
東京国際フォーラムと丸の内周辺エリアに
世界中から1700人以上もの一流アーティスト達が集まり、
連日朝9時から夜11時まで、コンサートが開かれます。
公演数は400だそうで、(すごい~!!)
一つのコンサートはは約45分、
チケット代は1500円~3000円。
一流の演奏家による音楽が1500円から楽しめるので、
家族3人で2公演聴いても10000円でおつりがくる!!
とてもうれしいイベントです。

今年のテーマは「シューベルトとウィーン」
f0115721_536886.jpg


ひとつめの公演は朝9時15分開演。
ホールC(1490席)でのコンサート
  フィルハーモニア台湾 
  ヨハネス・ヴィルトナー指揮
  シューベルト交響曲第4番ハ短調D417「悲劇的」
  ベートーベン交響曲第5番ハ短調作品67「運命


このために朝早起きして、家族3人で電車に飛び乗りました。
国際フォーラムということで期待をしていなかったのですが、
意外と音がよかった。
あまり演奏されないシューベルトの4番も
ヴィルトナー氏の指揮でとても聞きやすい感じに仕上がっていて、満足でした。

f0115721_5441951.jpg公演終了後、外の広場で、屋台を物色。

にいたんが見つけたのはこれ
オムライスデミグラスソースかけ









私はこっち
ハーブライスオンローストビーフ
f0115721_545471.jpg











f0115721_5481717.jpgで、パパはこれ、タコス
こうなるとパパと私は当然、赤ワインを・・・
そのあと、カレーを買ったら、辛かったので、
結局ビールまで飲んでしまった。

にいたんは並んで並んで
「爆弾玉」ゲット
f0115721_5505146.jpg




立って食べるテーブルで食べていたら、
ちょうど、広場中央のあずまや風ステージ「ミュージックキオスク」で、フィリップカサール氏のピアノソロコンサートが始まりました。
f0115721_5535270.jpg

曲目はシューベルトのアムプロムプチュ
作品90の3番続いて2番それから4番
ビールを飲みながら、おつまみ食べながら、聞くシューベルトも
なかなかです。

最後にモーメントミュージカルを弾いていましたが、
ふたつ目の公演の時間が迫ってきたので、
食べ終わったものを片づけて、次のホールへ向かいました。

~~~~続く~~~~
[PR]
by allemande0611 | 2008-05-07 05:59 | 音楽