タグ:わんこ ( 30 ) タグの人気記事

スコットと・・・

夕食後、
にいたんは明日からの定期テストの勉強
パパは明日、検診のため早寝。

暇だったので、
スコットと遊んでみた。

f0115721_21592419.jpg


そしたら、
ふてくさってしまいました。

f0115721_21592698.jpg

[PR]
by allemande0611 | 2011-11-28 22:02 | ワンコ

栗の甘露煮

本番3日前に
こんなことしてる場合じゃないのに
食べたさ一心で栗むいて

  
f0115721_21485716.jpg

         甘露煮

クチナシをつかわないので真っ黄色になりませんが、いいのです。おいしいからね。

お正月用に冷凍しようかと思ったけれど、
食べてしまいました。

スコット君は最近あまり歩かないので、
気をつけないと太るな・・・

スコットの散歩のとき、携帯の歩数計を見ているのですが、
1時間かけて1200歩あまり
ほとんど私歩いてないです。
スコット君とぼとぼ歩いては草むらで遊び、
歩いては座り込み、
また進んでは寝っ転がる。

f0115721_21531076.jpg


君があるかないと
ママが太っちゃうんだよ~~~

明後日ドレス着れるかな?
[PR]
by allemande0611 | 2011-10-14 21:54 | 日記

巾着田のマンジュシャゲ

f0115721_22275347.jpg

満開です

パパしゃんがお休みだったので、
午前中 スコットを連れて行ってきました。

土日はすごい人ですが
平日なので空いていました。

f0115721_2227579.jpg


真っ赤な絨毯・・・
本当にここの曼珠沙華はすごいです。
スコットには見えるのかな?
わんこは色がわからないって誰かが言っていたけれど。

f0115721_2228192.jpg


          スコット君も楽しそうです。

          最後に今日のベストショット

f0115721_22275026.jpg



巾着田曼珠沙華祭りで
お店が出ていて、
日高市産の栗が売っていたので買ってきました。
品種は「利平」
大きくて粉質の実は甘いので大好きなのですが、
果肉がもろくて、渋皮煮をするには苦労します。
で・・・今日は栗ご飯にしました。


・・・・たべちゃったので、写真ありません(--;
[PR]
by allemande0611 | 2011-10-03 22:43 | 日記

たこ焼きパーティー

春休み、夏休み、冬休みと
学期ごとのお休みに会うのを楽しみにしている
にいたんと陽子ママさんのお嬢様たち。

今年はにいたんは受験生だけれど、
一日くらい息抜き~ということで(笑)

たこやきパーティー決行

f0115721_1416352.jpg


陽子ママさんもタコ焼き器を持ってきてくれたので、
こどもたちはリビングで、
陽子ママさんとわたしはダイニングで
たこ焼き開始。

たこやウィンナー
ネギにしょうが、揚げ玉にチーズなど
いろいろなものを入れて
ころころ丸めながら、
飲むビールがおいしい!

f0115721_14162325.jpg

スコットもうれしそうです。
でもたこ焼きは食べられないよ・・・

そして、そのあとはお決まりのドイツゲーム。
子どもたちだけで、ラビリンスしています。
f0115721_14161926.jpg


     いちおう、参加しているスコット。
     勝ったかどうかはさだかではない・・・



f0115721_14345298.jpgその間に私たちは新聞紙でコサージュ作り。

以前にも作ったことがあるけれど、
ラッカーを塗る時に失敗してしまったので、
再チャレンジ。
なかなか良いでしょう。
新聞紙に見えない。





f0115721_14412563.jpg
それから、
陽子ママさんのお嬢様たち2人と
陽子ママさん、
にいたんと私で久しぶりに
Qジェット





そして、

f0115721_14345811.jpg
『あやつり人形』をやりました。
大人数の「あやつり人形」はやっぱり面白いです。

このゲームはワンターンごとにキャラクターを変えていくのですが、
誰が何になったか分からず、
「暗殺者」が狙った相手が、
違う人だったり、
どろぼうになった人がこの人からコインを取り上げようと思って、
指名すると、違うキャラクターだったり。

酔っぱらった陽子ママさんが
とばっちりを受けて、
暗殺されるわ、泥棒にとられるわ・・・

涙が出るほど笑いました(ごめんね)


夕方、河原に花火大会を見に行って、
お開きになりました。

次回遊べるのは冬休みかな。
受験真っ最中だから、
春かな・・・

楽しい、一日でした。
[PR]
by allemande0611 | 2011-08-09 14:51 | 日記

最近のスコット

最近、スコットが駄々をこねます。

散歩に行こうと門を出るのですが、
そこで、座り込み。

仕方なく待ってると、
トコトコ歩き出すけれど、
50mも行かないうちにひっくり返って、
お背中すりすり。

また歩いて、止まって、
座って考えてる。

「ボケたのかな・・・?」



なぜか、
ぱぱしゃんと私と2人で歩くと
普通に散歩するので、
夜、パパが帰ってきて、
夕飯終わってから、
スコットと3人で

夜散歩
変なの・・・
まるでVIPのお忍び散歩みたい。


f0115721_930314.jpg

昼間はほとんど
ブルーべリーの木の下か
雑草に埋もれて
昼寝してます。
[PR]
by allemande0611 | 2011-06-23 09:34 | ワンコ

スコット無事抜糸

パパしゃんに休みを取ってもらって
スコットを病院に連れて行きました。

病院では2人で押さえて、
抜糸!

「シャンプーは3日後からね」とドクター

手術後、散歩のときに歩く速さが違うスコット君。
先生に言ったら
「痛かったんだと思うよ。
 あんなに腫れていたんだから」とのこと。

病理検査の結果は
ライディック細胞腫
腫瘍の中では良性のもので、
転移はまずないとのこと。

狂犬病の予防接種もして、
フィラリアの薬ももらって、
帰ってきました。

これで、
ポン・デ・スコットもおしまい

のびのびしております。

f0115721_2372098.jpg

[PR]
by allemande0611 | 2011-06-03 23:07 | ワンコ

にいたんとスコットの病院

5月21日夕方から高熱を出したにいたん。
日曜日には40度近くになり、
近所の病院へ。

ちょうどスコットの手術日。

にいたんはインフルの検査を受けなかったので、
「単なる風邪」と言われました。

月曜日熱は下がったら今度は下痢。
それも水を飲んでもトイレに駆け込む。
しかたなく点滴してもらいました。

金曜までお腹の調子がわるく・・・
「ユッケ食べてないのになんなんだろう?」

土曜日にお腹が良くなったら、また38度の発熱。

昨日朝計ると37度5分。
午前中、病院に行き、念のため、
血液、尿検査とレントゲン、心電図を取ってもらいました。
結果、異状なし。
ただ、血液中に風邪にかかった痕跡があるので、
単に、回復が遅かっただけでしょうとのこと。

ホッとしてたら、今度はスコットが、
ちょっと目を離したすきに傷口をガシガシなめてしまい、出血。

夕方、大騒ぎのスコットを(←車嫌い)
車に乗せて、動物病院へ。

学会に出かける前の院長先生を捕まえて、
診てもらいました。

とりあえず、傷は開いていないのでOKとのこと。
抜糸まで、あと数日、我慢です。


疲れたです
[PR]
by allemande0611 | 2011-05-31 16:21 | 日記

ポン・デ・すこっと

スコット君

傷口をなめてしまわないように、
一人に・・・いえ一匹で置いておくときは
アニマルネックカラーをつけます。

f0115721_20465039.jpg


にいたんがその後ろ姿を見て
「ポン・デ・ライオンみたいだ」だって・・・


夜はこの状態で1階に置いておくのですが、
かわいそうになって、
昨夜はにいたんが一緒に寝ていました。

にいたんも熟睡してたら、
なめても解からんよね・・・
[PR]
by allemande0611 | 2011-05-27 20:48 | ワンコ

帰ってきたスコット

昨日、腫瘍の摘出手術を終わり、
無事に帰ってきました。

おうちに帰ってきたときはボ~っと
していました。
縫ったところをなめて
傷口が開かないように
カラーを付けられています

f0115721_9465166.jpg


夜、寝るときは
監視していられないので仕方ないと思い、
このまま寝かせましたが、
今日は私か
発熱で休んでいるにいたんか、
どちらかが必ず、そばにいてみているので、
外してやりました。

にいたんの部屋で
寝ています。

f0115721_9492046.jpg

[PR]
by allemande0611 | 2011-05-23 09:49 | ワンコ

複雑な気持ち

昨夜
寝たんだか寝てないんだか・・・

生き物を家族に迎えれば、
いつかそういう時が来ると思ていましたが、
なんとなく、割り切れません。

コーギーの寿命は11~13歳
15歳以上の子もいると聞きます。

悪性腫瘍かどうかは
病理検査に出してみないと分からないけれど、
かなりの確率でそうだろうし、
転移していない、
まだ体力もある
今、だから、手術もできる
きれいに取れれば、
あと何年か一緒にいられる
と言われました。

今、元気でぴょんぴょんしているスコット君からは
なんだか想像できなくて。
本当に手術の決断していいのかなって。
様子を見るという選択肢もあったのかな・・・

外飼いの子だったら、きっと気が付かなかったと思います。
そしたら、それはそれで、
自然の成り行きだったのかな?

手術の説明を受けて
そのあとに
「フィラリアの薬、何回分持っていきますか?」
と聞かれて
「とりあえず1回分でいいです」
と答えてしまいました。

先生の腕を信用していないわけでもないし、
スコットが治ることを信じているはずなのに
心のどこかで、
もし何かあったら、無駄になっちゃう・・・
なんて思った自分が情けなくて。

(--;  自己嫌悪
[PR]
by allemande0611 | 2011-05-09 23:22 | ワンコ