急性心不全

母が13日の金曜日に緊急入院してから10日経ちました。
とりあえず、落ち着いたので、
日記に書いておこうと思います。

急性心不全に関して、
自分の思い違いなどもあったので、
もしこの日記を読んだ方の頭の片隅に残ればと思います。

**************

13日の朝、7時ごろ
隣に住んでる母から携帯電話
「気分が悪いから、ちょっと来て」

パパは食事が終わっていたので、
にいたんに用意だけして、
隣の家に。

母はベッドに座って
咳をしたり、ぜーぜーと息をしていました。


「大丈夫?」と聞くと
「苦しいから病院に行きたい」とのこと。
「どこが苦しい?」と聞くと
「風邪ひいたから、咳が出る」と母。
「いつから?」
「2,3日まえから咳が出る。
 昨夜は一睡もできなかった、横になると苦しいから、一晩中座っていた」
と母。

風邪???
でも・・・なんかおかしい。
風邪の咳ではないし、かといって、ぜんそく発作とも違う。
かかりつけの内科に電話をするか、
2か月ごとに検査に行っている国際医療センターに電話をするか迷って、
結局、国際医療センターに電話。

主治医の名前を言うと、
「受け入れますので緊急外来の入り口から来てください。」

救急車を呼ぼうかとも思ったけれど、
意識がしっかりしていて、
「髪の毛をちゃんととかしたい」だの
「キレイな靴下はいていく」だの
「こっちのセーターがいい」だのいっているばあちゃん。

靴下を履かせようとして足を見ておどろいた。
すねから足首にかけてパンパンに腫れあがっている。

「一晩中、ベッドに座っていて足をおろしていたからだ」というばあちゃん。

それにしても・・・??

仕事に行こうとしたパパを止めて、
運転してもらい、車で行くことに。

2階の寝室から、玄関に下りるまで、
何分かかっただろう・・・

1歩、歩くと「ぜーぜーぜー」
また、歩くと立ち止まり、息を整えなくては先に進まない。

玄関に下りても、
「この靴がいい」だの「ヘアスタイルがどうか」だの言っているばあちゃん。

車に乗って、国際医療センターへ。
その間も 息は苦しそうにぜーぜーしている。

着いたのは8時少し前だったと思う。
車いすで運んだら、
そのまま緊急救命室へ。

そのまま待つこと3時間半。

私は朝ご飯食べてないし(みんな出ていってから、ゆっくり食べようと思っていた)
テキトーなもの着ていたし(寒いし、犬の散歩に行くから)
化粧もしていないし。
ようするに、ものすごい格好だったのだ。

看護師さん捕まえて、
「あの~朝ごはんも食べていないので、
時間がかかるなら、ちょっと何か買ってきてもいいですか?」と聞くと
「家族の方はここにいてください」とのこと。

12時過ぎてやっと先生と話ができた。

ようするに、心不全による、肺に水がたまっての呼吸困難。
この状態では帰せないのでこのまま入院させるとのこと。
ベッドが空いていないから、
夕方までに何とかするので、
夕方手続きをしてほしいと。

********************

25年前に狭心症で入院をしたことがあるばあちゃん。
その後心臓に関しては薬を欠かさず飲んでいた。
昨年、かかりつけの内科の先生が
「心臓に雑音が聞こえるから、大きな病院で検査をと言われ、
国際医療センターにかかった。
その時に、このままだと、心臓弁が硬化しているから、
発作が起こるかもしれないと言われた。
で、私は
心臓の発作ってよくドラマにある様に胸を押さえて『苦しい』とかいうふうになる」と思い込んでいた。

急性心不全

ネットで調べてみたら以下のようにでていました。

特徴的な症状
呼吸困難は、上半身を起こした半座位(はんざい)の姿勢で楽になります。
 仰向けの仰臥位(ぎょうがい)で悪化します。

     ばあちゃんはこの通りでした。
     これを知っていたらこの時点で気が付くべきでした。
 唇が紫色になり、手足は冷たく、全身に冷や汗をかきます。脈拍が速くなり、動悸を訴えることもあります。
 このような状態が急速に出現し、悪化していくのが、急性心不全の一般的な症状です。
 急性心不全の治療は一刻を争うため、診断と治療が同時に並行して行われます。
 まず、胸部X線検査、心電図、心エコー(超音波)、血液検査が行われます。
 一刻も早く、専門医のいる救急病院に入院する必要があります。

      心臓専門外来のある病院に電話をして、
      受け入れてもらったのはラッキーだと後で思いました。
 呼吸の状態が悪い場合は、迷わず救急車を呼び、搬送を依頼しましょう。
      今回は何事も無く病院までたどり着いたから良かったですが、
      この知識があったら、迷わず救急車を呼んでいたと思います。 
      

昨日、カテーテル検査をして、心臓の血流や狭さく箇所、心臓弁などを確認したのですが、
後の説明で、ドクターが
「あのとき、かなり危ない状態だった。良く助かった」と言ったのを聞いて、
ぞっとした私です。

咳をしていたから、
心臓発作じゃないし、
意識がしっかりしていたから、
大丈夫じゃないか

勘違いをした私のミスです。
 
[PR]
# by allemande0611 | 2012-01-25 09:40 | 日記

初仕事は国際電話

このブログに来て下さっているみなさん。

今年もどうぞよろしくお願いいたします

*************************

昨日は疲れと風邪気味でぼ~~~っとしていましたが、
今朝はだいぶらくになりまして。
お雑煮を作って食べました。

先ほど、ウィーンからの生中継で
ウィーンフィルニューイヤーコンサート
テレビで見ていて、ずっとご無沙汰していた
シュナイダー夫妻に手紙を書こう!
思い立ち、シュトラウスのワルツを聞きながら辞書を片手に書きました。

で、明日は郵便局やってないことに気がつき、
そうだ、FAXした方が早いぞ

原稿を電話にセットして、久々の国際電話。
呼び出し音が鳴る・・・緊張するな~
あ、出た、クリスティーナだ・・・でもしゃべらないでFAXボタンを押すと・・・
「応答がありません」と表示→国際電話切断。

もう一度原稿を電話にセット。
国際電話をかけて、
呼び出し音・・・今度は大丈夫よね。
あら、ウィルヘルムおじさんが出た・・・きっといたずら電話だと思われた?
で、こちらは無言でFAXボタンをぽち
「応答がありません」表示→国際電話切断。

(--;なんでだ?

もう一度同じことをすると
またクリスティーナの声。
FAX送信ボタンをぽち→切断

(??)

再度挑戦。
ウィルヘルムおじさん再び登場。
ぜったいいたずらだと思われてると思い、
思わず、受話器を取って話しかけてしまった。
懐かしい声。
おじさん相変わらずやさしい口調でうれしい。
・・・・・なんの準備もしていないから、
いい加減なドイツ語(汗)
明けましておめでとうと
FAX送っているんだけれど、とどかないこと。
こちらはみんな元気だということ。
ここまでしか会話ができない(ああ、残念)

でも、FAXが無いわけではないとのこと。
送るから受け取ってと言ってもう一度チャレンジすることに。

でチャレンジ。
クリスティーナの声。
お話しちゃおうかとおもったけれど、
FAXボタンをぽち。

や~~~っと送れた。

30分かかっちゃった。

ドイツ語、やっぱり忘れてる。
聞けば何を言っているか解るけれど、
口から出てこない。

今年は勉強しようかな。
[PR]
# by allemande0611 | 2012-01-01 23:02 | 日記

門下生忘年会

12月28日
毎年恒例「多喜門下生忘年会」


にいたんと2人で参加させてもらいました。

場所は新宿「白龍館」

f0115721_1582911.jpg


入り口で会費を払って入ろうとすると
「一曲弾かないと入れないのよ~
 ここ、関所なの」

にこやかにおっしゃる多喜先生(@@;

初見連弾でもOKとのことで、
私は先に来ていたK氏とソナチネ10番の連弾。


にいたんは後からきた早稲田大学3年生のSさんと
ソナチネ11番の連弾。
f0115721_1512869.jpg


門下生が集まって、
わいわい話をしながら、ピアノを弾きながら
食べたり飲んだりしています。
f0115721_1583936.jpg


松本あすか先生とK氏の弾いた
カプースチンの連弾はかっこよかった!

早稲田大学出てから、音大を出て
今、塾の講師をしているA氏は
相変わらず素晴らしいショパンを弾いていましたし。

この日最年少参加の小3の女の子も
堂々とした演奏をしてくれました。

遠く長野や山梨から
特急電車や高速バスでやってきた門下生もいて、
みんなで、集いの話、トリオの話、
指導者検定で何を弾くのかとか、
話題は尽きませんでした。

にいたんは、門下生男性メンバーの
会計士のO氏やショパンを弾いていたA氏、
素晴らしいテクニックの持ち主のK氏に
受験や将来のアドバイスをたくさんもらったようで、
目が輝いていました。


素晴らしい方々がいる門下生の中に
一緒に過ごすことができて、
しあわせに思いました。


レストランの壁の絵です。
来年の干支ですね。

f0115721_1583215.jpg

[PR]
# by allemande0611 | 2011-12-31 15:06 | ぴあの

年末の出来事とりまとめ

思いがけないことがあり、
ずっとUPできずにいました。

年末の出来事をとりまとめて書きます。

◆19~22日までお教室のクリスマス会5つのグループにわけて行いました。
   詳しくはこちら

◆23日 ルーテル市ヶ谷ステップお手伝い

◆24日 自分のレッスン&トールペイント展示会
      詳しくはこちら

      この日の深夜電話が鳴り、
      叔母がくも膜下出血で倒れたと連絡がありました。

◆25日 にいたんと私立高校の個別相談
      一度帰って来てから、おばの病院に向かいました。
      ICUの中、意識はありませんでしたが、声をかけてきました。

◆26日 にいたん誕生日。
      受験生にクリスマスもお正月もないけれど、
      ケーキだけ買って食べました。

◆27日 バッハの研究会を欠席して、
      万が一のために買い物に出かけました。
      そこで、ぱったりあった同級生のお母さんとの会話から、
      願書に貼る写真を撮ってないことが判明!
      帰ってきてあちこち電話して、
      今日開いていて、今年中に写真が仕上がるところをみつけて、
      にいたんをつれていきました。間に合った!

◆28日 叔母はなんとかがんばっている様子なので、
      門下生忘年会に。
      この記事は別に書きます。

◆29日 朝、叔母が息を引き取りました。

◆30日 一目会いたいという母をつれて叔母のとこへ。
      母の兄弟で一番末っ子の叔母。
      信じられないくらいきれいな顔で寝ていました。


◆31日 大晦日なのに疲れて起きれない。
      もう、何もかもほったらかして寝てました。
      
[PR]
# by allemande0611 | 2011-12-31 14:29 | 日記

Arobo(アロボ)

パパがクリスマスプレゼントをくれました。


f0115721_8425517.jpg


何かな~っと開けると・・・

空気清浄機!

f0115721_8425983.jpgarobo(アロボ)のコロンとかわいい形の
水のチカラで空気を洗う空気洗浄機。

水とアロマソリューションを入れてスイッチを押すだけ。
フィルターを必要とせず、回転棒で本来、水が持つ浄化作用を最大限に引き出し、
空気中のウイルスや花粉、臭いのもとをカプセルに閉じ込め除去するとか。
白色のLEDライト内蔵でライトをつけると宇宙船見たい。

中の水が回転していて、
見ていると海みたいで、
なごみます。

昨日、レッスン室でわたなべよし実さんと
ラーメンを食べたのですが、
これをつけておいたら、
匂いが残りませんでした。

アロマの香りもきつくなくて良い感じ。
ただ、ちょっと水がぶつかる音がきになります・・・
ちょうど、沸騰したやかんのような音がします。


リビングとかだとOKですが、
レッスン室だと聴音のときはちょっと止めたりして。

ウィルスも閉じ込めてくれるから、
これからの季節、お部屋は安心。

そして、これを見ながらコーヒーを飲むと
落ち着くんですよ。

ゆ~ら ゆ~ら ぐ~る ぐ~る・・・・
[PR]
# by allemande0611 | 2011-12-14 08:40 | 日記

どらさんが どら焼き持ってやってきた

マイミクで
ピアニストのどらさんが

本番前の試し弾きに
どら焼きもってやってきました。

f0115721_1485569.jpg


f0115721_1410340.jpg曲はリストの「愛の夢」

美しいメロディライン、きれいなパッセージ。
さすがです♪(ただで聴けてお得な気分)

それから、おしゃべりしたり、
カスキやレスピーギやプーランクの曲を弾いてみたり、
連弾に付き合ってもらったりして、
遊んでしまいました。

ちょこっと、お互いの過去を暴露したり・・・(苦笑)

最後にはフィンガートレーニングの
マル秘話まで(うひょひょ)

もっと遊んでいたかったけれど、
本番前のどらさん、
これから、「鬼練する」と帰って行きました。

私も練習しようっと。

そうそう、
次回のピアノサロンは
1月末予定です。

[PR]
# by allemande0611 | 2011-12-13 14:19 | ぴあの

ピアノサロン 追記

昨日は
あまりの楽しさに、
興奮したまま日記をUPしたので、
書き忘れたことを・・・

昨日持っていった楽譜
f0115721_22313855.jpg

自分の弾きたい曲や
どんなメンバーが来るかわからないので、
簡単に弾けて楽しそうな曲集など、
取り揃えていきました。

一番使えるのが
春畑セロリ先生の
「きまぐれんだん いっぽん! チャチャチャ」

「もろびとロックこぞりて」をカホンと合わせるとこれは楽しい!

「テキーラ」もみんなでやれば「テキーラ!」って掛け声出せる(恥ずかしくないぞ)

「野ばラグ」が合わせるが一番難しかったけど・・・
みんなで、打ち合せ&練習中
f0115721_22312629.jpg

何回か練習し、だんだんテンポを上げて
合わせられた時は達成感♪

あと、この本
「ブルグミュラーでお国めぐり」
「昔ピアノをやっていた」大人の方たち、
ブルグミュラーだったら、覚えていたりします。
両手がむりだったら、右手だけ。
または片手ずつ、4人4手状態になったりして。
それでも楽しいです。

大人の連弾にカホンをたたいてくれた中学生Kちゃん。
そこに、ノリでシンバル叩いていた幼稚園生や小学1年生。
絶妙なタイミングでシンバル入れていたのが
めちゃかわいかった。
f0115721_2250235.jpg


にいたんとKちゃんが
演奏しているとき、身体を動かして聞いていた子どもたち。
指揮をしたり、おどったり。
音楽って、こうやって、みんなで楽しむものだったんだって、
改めて思いました。

こんな、時間を提供してくれている、
east court と
ピアニストのどらさんに感謝です。


で?次はいつ?
[PR]
# by allemande0611 | 2011-12-12 22:58 | ぴあの

第5回ピアノサロン in EastCourt

マイミク どらさんこと
ピアニストの わたなべよし実さん主催の
「ピアノ大好き集まれ!ピアノサロン」
参加しました。

会場は東飯能駅近くのライブハウス EastCourt

今回は所沢から華&風ママさん
にいたんとにいたんの同級生カホン担当のKくんも一緒。

そして、私のお教室から
幼稚園のRちゃんとお母さん、お母さんの義妹さん
小学校一年のMくんとお母さんも参加。

その他、近所の幼稚園生と小学生の女の子とお母様、
隣の市から中学3年生のA子ちゃんも。

今日はカホンを持ってきてくれたK君がいるので、
リズムをつけてもらって、楽しい!

クリスマスと言うことで、
私が持っていったサンタ帽子をかぶって、
私とMくんのお母さんで
「戦場のメリークリスマス」と「ホワイトクリスマス」
f0115721_22494139.jpg


幼稚園のRちゃんはパーティCから
『2人のブギ』をカホンにあわせてもらい
ノリノリの演奏。
Mくんはジングルベルを弾きました。

クリスマスの曲をみんなで1曲ずつ弾いたりしてから、
初見で遊ぼうタイム

以前やった「安心のセコム」の連弾を6人+パーカッションで。
みんなで、打ち合せ中。
f0115721_22492973.jpg

ピアノに群がっている人たち、5人しか見えませんが、
一人中にしゃがんで弾いています(笑)

カホンと一緒に持ってきたシンバルを
小学生のMくんにたたいてもらったら
結構上手に音楽に合わせて入れてくれました。

中3トリオ+小1のMくん
f0115721_22493712.jpg


そして、この日のために
連日二人で合わせて練習していた、
にいたんとKちゃんのセッション。
曲はボカロの「メルト」と松本あすかさんの「インベンション」
f0115721_22594027.jpg


会場内の様子。
みんな、ドリンク飲みながら楽しんでいます。
f0115721_22494564.jpg



最後に記念撮影。
今日の参加者15名でした。
f0115721_22493479.jpg


回を重ねるごとに
みんなのピアノがだんだん上手になってくるのがわかります。
帰りにみんな心の中できっと
「今度はあの曲を練習してこよう」と誓っているのです。

そして、小さな生徒さんたちは
こうやって音楽をみんなで楽しむことを知ってもらう
とても良い経験だと思います。



■会場・フリースペース イーストコート
(東飯能駅 東口から徒歩3分)
〒357-0034 埼玉県飯能市東町14-13
Tel: 090-7233-8006
E-mail: eastcourt357@gmail.com
Hp:http://www.east-court.com
■参加費:1ドリンク(500円)+1コイン(500円)合計1,000円
  聴くだけの方はドリンク代500円~のみ

気軽に遊びに来てください。
[PR]
# by allemande0611 | 2011-12-11 23:08 | ぴあの

秩父のピアノリサイタル

同じ多喜門下生の鈴木啓三氏の
ピアノリサイタルに行ってきました。

今回は、前日『集い』にもきてくださった、
華&風ママさんを誘って、
にいたんと三人、
電車の旅でした。

飯能駅で、お弁当を買って、
華&風ママさんと待ち合わせ、
レッドアローにのって、
車内でお弁当を食べながら、おしゃべり。

前回は集いのときだったので、
ゆっくりお話もできませんでしたが、
今回はゆったり~ですから♪
ワンコやピアノやトールの話を休みなく話し続けてました。


秩父の駅で、
バスに乗りこんだら、
やはり同じ門下生のO氏に会い、
O氏ファンである私たち親子はびっくりするやら、うれしいやら。

バスに揺られて
まだ雪の残る秩父をミューズ音楽堂まで行きました。

会場に座っていると
ふと前に誰かが座ろうとしている

(@@;;せんせい~
多喜先生がいらしてました。

今日の啓三さんのプログラムは
ショパン特集。
ノクターン、マズルカ、スケルツォ、バラード、エチュード
前奏曲、ポロネーズ・・・
そして最後にチェロソナタ。

スケルツォもバラードも良かったけれど、
圧巻だったのは『英雄ポロネーズ』
中間部分のオクターブのところ、
ものすごい速さで、しかも正確にそして、音楽的に奏していて、
もう感動モノでした。

アンコールにチェロとデュオで弾いてくれた、
ノクターン作品9-2は
極上の美しさでした。
チェロで奏でるメロディの美しさ。
その音色の中でのピアノの存在の美しさ。
もう、ウルウルしそうでした。

帰りは秩父の知り合いのピアノの先生が、
秩父駅まで送ってくださったので、
予定より早い電車にのれました。

帰りも華&風ママさんや
O氏とおしゃべりを楽しんで、あっという間に飯能着。

家まで歩いているとき、
ショパンが頭の中で鳴っていて、
ちょっとしあわせな気分でした。
[PR]
# by allemande0611 | 2011-12-10 20:33 | ぴあの

NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)のサンタ追跡

わ~い!
今年もNORADのサイトがオープンしました。
そして、今年のクリスマス イブから、
携帯端末で NORAD にアクセスして
サンタの旅を追跡できるようになりました!
すごいぞ~

NORADサンタを追跡・モバイルアプリケーション!
今年、NORAD公認のサンタ追跡アプリケーションで、
サンタさんが出発する日までをカウントダウンすることができます。

今、サイトに行くと
あと20日 5時間 49分 ○○
とカウントダウンしています。

追跡システムの1は、「北米警戒システム」と呼ばれる NORAD のレーダー システム」

追跡システムの2は 地球の上空約 36,000 km の静止軌道上の人工衛星
              赤外線センサーが搭載され熱を感知することのできる人工衛星が
              複数配置されていて、
              なんと、赤鼻のトナカイ「ルドルフ」の鼻からは    
              赤外線信号が放出されているため、
              NORAD の人工衛星はルドルフとサンタの位置を
              検知できるらしい

追跡システムの3は 「サンタ カメラ」ネットワーク

追跡システムの4は ジェット戦闘機 
              CF-18 戦闘機を操縦するカナダ NORAD のパイロットが
              サンタに接近し、
              北米へと迎え入れます。
              米国内では、F-15 や F-16、F-22 戦闘機を操縦する
              米国 NORAD のパイロットが、
              サンタとその有名なトナカイたち
              (ダッシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクゼン、
              コメット、キューピッド、ドナー、ブリッチェン、
              そしてもちろん、ルドルフ)との
              スリル満点の共同飛行を実現します。
             
               ↑↑↑これ、一番好き!


12月24日にはみんなでサンタを追いかけましょう。


サイトはこちら NORD

日本語版あります。
[PR]
# by allemande0611 | 2011-12-04 10:23