<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手術の待ち時間

母の手術の日。
朝6時半に家を出て、7時に病院到着。

外科の先生から
「8~10時間かかる」と聞いていたので、
ノート型パソコン持って、
(ネットは繋がないで、文書を作ったりするため)
アンドロイドタブレットを持って
(こちらはオセロをするため)
バッハ平均律の楽譜と色鉛筆を持って
(フーガのアナリーゼするため)
病室に行きました。

手術室に行くばあちゃんを
いってらっしゃ~いと見送って、
そこで待っていたら、
CICUの担当の看護師さんがやってきて、
待合室に案内されました。

これが、茶髪でピアスのイケメン看護師さん。
ジャニーズ系でして・・・(こんなのばっかり)


食事する以外は
ここにいてくださいと言われて、
しかたなく、パソコンを開いて、
お教室便りを作ったり、
バッハフーガのアナリーゼ用の表を作成したり。

お昼にパパが来てくれたので、
テレサホールという名の食堂に行き、
ランチをたべました。
お医者様も看護師さんも、医大生も使う食堂なので、
なんとも不思議な雰囲気。
レポート広げている学生さんがいたり、
難しいお顔でランチしている医師がいたり。

そして、手術が順調に進んでいることを確認して、
家族が1人残ればいいと聞いたので、
私は一度家に帰ってきましたが、
これはこれで、落ち着かない。

「間もなく終わりそう」という連絡があったので、
また、病院へ。

先生から「順調に終わりました」と言われ、
ちょこっと顔を見て帰宅したのが7時半。

手術は9時間半。

落ち着かない一日でした。

でも、外科の先生たちは
飲まず食わずで9時間半も
立ちっぱなしでいたのですよねぇ・・・

私にはできない仕事だと思いました。

とにかく、終わりました。
[PR]
by allemande0611 | 2012-02-18 22:29 | 日記

トライボール

手術が決まったばあちゃん。

先日、病院に行ったら、
看護師さんに「用意するものリスト」を渡されました。
前日までに用意して、名前を書いてひとまとめにしておくことと・・・

「吸い飲み」「T字帯」は解る。
でも「かかとのある靴」とか
「トライボール」?????

なんだろう?

病院内の売店で「かかとのあるくつ」を聞いたら、
「リハビリ用のくつの事ですよ」と出してくれた。
軽くて、転倒防止のくつで、
リハビリにつかうとか。

やはり聞いて買ってきたのが「トライボール」

f0115721_2135238.jpg


箱を開けると

f0115721_2135574.jpg


(??)何に使うんだろう?まるでおもちゃのよう。

看護師さんに聞いたら、
呼吸訓練だそうで、
息を吸うと玉があがるのだとか・・・
弱いと1つ、
慣れてくれば3つ上げてその状態で3秒保てるようにするそうで、
手術までの毎日、
これで訓練をして、
肺の機能を向上させて、
手術の成功率を上げるのだそうです。

「読んでおいてくださいね」と
看護師さんに渡された
「大動脈弁の手術を受ける患者さんへ」という冊子には
手術の翌日から、手足のリハビリ開始し、
寝たきり老人にならないようにするそうです。
だから、リハビリのくつまで用意するわけだ。

ついでに、昨日は知能テストをされたそうで、
「100から7ずつ引いて数字を答えてください」との問題がでたとか。

「難しかったでしょ?」と聞くと。
「10から7弾いたら3でしょ
 だから、一桁目は3をたしていけばいいから
 93、86、79、72、65・・・・
 ってかんがえて答えたの」

(@@; それってかえって難しくない?・・・

あと、バラ、ひまわり、朝顔の花を見せられて
「どこが違うか」とか
音読させられたり、
色々あったそうで・・・

明日は院内の床屋さんが出張してきて
髪の毛をカットしてくれるそうです。

準備は着々と進んでおります。
[PR]
by allemande0611 | 2012-02-12 21:16 | 日記

「外科医」という人種

つづき。

結局1時間半待って、
やっとドクターと面談。
30代~40代前半のステキな先生でした♪


大動脈弁を人工弁に取り換える手術と
完全に閉塞している血管3本にそれぞれバイパス手術をするとのこと。

図や立体模型を使って、
1時間以上かけて、
ていねいに説明してくれました。

理科の講義を聞いた気分。

時間的には8時間~10時間かかるので、
その間、家族は病院内にいてくださいとのことでした。
一日か・・・どうしましょう・・・・???


「何か質問は?」と聞かれて、
パパが聞いたことは

「あの~8時間の間、ドクターは休憩とか、しないんですか?」
「8時間くらいなら、しないですね」
「飲まず食わずで?」
「まあ、そうですね。トイレも行きませんから
 12時間以上になると交代で休憩取ることもありますが・・・
 患者さんのおなか開いてそのままで、休むわけにもいきませんからね」

そりゃそうだけれど・・・
8時間以上も、立ったままで、
集中しているのってすごい体力と精神力だと
改めて感心してしまいました。

そして、私の中での結論。
「外科医」という人種は普通の人類と絶対違う頭と身体の構造なんだ!

私たち「ピアノ弾き」も
時間もピアノのまえに座って指動かしているから、
傍から見たら、不思議な人種なのかな?

ともかく、先生!
母をよろしくお願いします。

[PR]
by allemande0611 | 2012-02-07 09:49 | 日記

うさぎチーム入ります!

昨日、母の病院の心臓血管外科のドクターに呼び出されたので、
レッスン終えてから、夕方6時にパパと病院に。

駐車場に車を入れているとき
救急車が2台来て、ERに横付けになった・・・

受付に行くと
「すみません、ドクターが緊急手術に入ってしまいましたので、
 このまま、しばらくお待ちください」
とのこと。
やっぱりな~

仕方ないので、病室のばあちゃんを見に行ったときに
聞いた話。

この病院はチーム医療なので、
主治医は5人くらいづつのチームで構成されていて、
ばあちゃんの担当はN先生以下4名。
午前中の回診時には、そのドクターが研修医を連れてやってくるのだけれど、
今朝、来た先生が病室に入るとき言った言葉。
「ウサギチーム入りま~す」

ばあちゃん何かと思って
あとで看護師に聞いたところ、
チームごとに、「うさぎ」だとか「ぞう」だとか名前が付いているとのこと。

なんだか、楽しい先生方です。
[PR]
by allemande0611 | 2012-02-07 09:23 | 日記

六本木で人間ドック

ずっとサボっていて行かなかった
人間ドック

今年こそ行こう!と思った1月
風邪でダウンで延期に。

そして、今日行ってきました。

パパの会社の保険組合指定病院から、
選んだのはこちらの
六本木ヒルズクリニック

森タワー6階にあります。
f0115721_1727324.jpg


朝、8時45分到着。
更衣室もきれいで、着替えもそろっています。

身長、体重、血圧、聴覚、視力、
血液検査、尿検査、
胃のバリウム、子宮癌検査、マンモグラフィーなどなど、
ひとまわり回って、
診察は院長先生でした。(ちょっとびっくり!)

血液と尿検査の結果だけなら、午後先生から直接聞けるというので、
いただいたランチ券でお昼を食べて待つことにしました。

ちょっと時間があまったので、
ヒルズをお散歩
どこの国を歩いてるんだろうっとおもっちゃう・・・
f0115721_17273665.jpg


外には越前水仙が植わっていました。
f0115721_17273867.jpg


ランチはハイアットの中のレストラン。
どうしようか迷って、
6階のグリル「アークドア」へ
f0115721_17274070.jpg


お野菜たっぷりのランチ。
朝抜きだったので、おいしかった。
f0115721_17274273.jpg


f0115721_17274373.jpg


デザートはイチゴのタルトとイチゴのソルベ

f0115721_17274557.jpg


きちんとしたサービスのあるレストランで
一人で食べるのは何年ぶりでしょう。
今日は携帯も本も見ずに、
お料理とお料理の間は、
周りの雑踏に耳を傾け、
外の景色を眺めていました。

ゆったりと、1時間かけてのお食事。

いつもなら、てきとーなお昼ご飯を
PC見ながらですからねぇ・・・

こんな時間もいいな~なんて思っていたら、

なんとBGMがモンポウの「歌と踊り」になった(汗)
ああ、やっぱりこの曲、弾けってことか・・・潜在意識のひき寄せだ。

その曲一曲だけでその前後ずっと軽いスイングジャズなのに。
なんで???

1時にクリニックにもどって、先生から血液も尿も異常なしと言われて、
ちょっと安心して帰ってきました。

こんな、一日もありだなとおもいます。


さて、明日から、また、戦闘態勢です。
[PR]
by allemande0611 | 2012-02-04 17:44 | 日記

ピアノサロンの後で

1月29日(日曜日)
受験まっただ中と言うのに、
ピアノサロンに集まった中学3年生たち。

自然な感じで音楽を楽しんでいる
その姿がさわやかで、いいな~っと思いました。

サロンの後、
Kちゃんのドラムの師匠の倉庫に
おかりしたパーカッションの数々を置きに行き、
そのまま帰るのかな?とおもったら、
結局家に来て、
にいたんとKちゃんは7時近くまでピアノとカホンで遊んでいました。

ひそかに、次のサロンで「何を演奏するか」を決めていた様子・・・

そして、Kちゃんが帰った後、
にいたんは私に向かって、
「あのさ~
 今までなんでピアノやってるんだろうって
 思いながら続けてきたけれど
 今日初めて、
 やっていて良かったと思ったよ」

と言われて、びっくりしました。

いつも「いつか良かったと思うことあるよ」と言ってはいたものの、
突然面と向かっていわれて、
ドキマギした母です(汗)
f0115721_1472949.jpg


カメラマンパパはカメラ3台で、
静止画や動画を撮っていたので、
まだ整理がついていません。
写真お待ちの方、すみません。

そのなかで、傑作な動画が2本。

ひとつはバスティンのコラージュオブソロから
「winter day」
にいたんが弾くとなんだか「お化け」のように怖い。
そういえば、前の日に「この曲、怖いよな~お化けっぽい」と言っていたけれど、
そう思って弾くと怖い。
で、Kちゃんがそれにあわせて効果音いれるから
(ウィンドドラムとか)
もう、笑っちゃうほど「怖い」
会場にいたリュウちゃんがケタケタ笑っている声が入っていましたが、
子どもでも感じるですね、音のおもしろさ。

もうひとつは
「テルーの唄」
これは会場にいないと解らないけれど、
冒頭のしんみりフレーズに
Kちゃんが入れたパーカッションが・・・なんとも、ミスマッチで、
会場大爆笑。
動画を何度も見て、
涙が出るほど笑いました。

翌日やってきたKちゃんとも見て、
転げるほど笑いました。

いや~音楽って楽しい!(ちょっと違うか・・・)
[PR]
by allemande0611 | 2012-02-03 14:09 | ぴあの