<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久しぶりのフィットネス

ずっとサボっていたフィットネス。

久しぶりに行ってきました。

そしたら、なんと、

太っていた~~~
(○_○)!!


や、やばい・・・
[PR]
by allemande0611 | 2010-11-30 15:14 | 日記

パソコンのメモリ

ついにパソコンのメモリーが
いっぱいになってきました(@@;

空き容量が20パーセント切っています。
メールに写真を添付して送ろうと思ったら、
「メモリ容量が足りないので送れません」と出てしまいました。


動作も鈍い。
時間がかかる。
いつ止まってもおかしくないかも・・・こわい~

写真のほとんどは外付けハードに落としているのに、
なんでこんなにいっぱいなんだろう~


やっぱりVistaだから?
[PR]
by allemande0611 | 2010-11-27 08:07 | 日記

ロボット研究室アドバンスコース

以前にいたんが参加した
ロボット研究室ベーシックコース
次のステップのコースです。

やっと部活休みの日とこのイベントの日がマッチ!
そして、抽選に当たったのでにいたん喜んで出かけましたが・・・

前回から、一人で未来館に行けるようになったので、
朝、パパしゃんに駅まで送ってもらってでかけたにいたん

車の中で携帯電話を忘れたことに気がつき、
とりあえず、パパの携帯を持って電車に乗り込んだら・・・

参加費の3000円忘れて行った!

封筒に入れておいておいたのに、
PASUMOとお昼代1000円だけ持って出かけてしまいました。

にいたんと連絡取るにはパパの携帯にメール
パパと連絡取るにはにいたんの携帯にメールと
ややこしい(+。+;)


気がついた私がすぐに未来館に電話をしたら、
「今日現金で払えないなら、
参加は認められない」と言われて(TT)
にいたんはその気で出かけたし、
次の研究室にはいつ参加できるかわからないので、
「5時までに届けますので、午前の部で参加させてください」とお願いました。

この日はばあちゃんちのTVアンテナ工事予定もあり、
アンテナ関係はパパが家にいないとわからないので、
午前中のレッスンが終わってから
私が届けることに(--;

****************************

さて、アドバンスコースの設定は
「月面探査ロボット」
月面をクレーターを避けながら氷を探すというプログラミングだそうで、
温度センサーをどこに取りつけるか、
クレーターを感知したらロボットにどう動くようプログラムするか
クレーター回避と氷発見の優先順位をどうするかだったそうです。

課題は4つあって、オーバルコースのライントレースが2種類
氷探査が2種類

当日組んだ2人組で協力し合って、2時間で4つの課題をクリアしなければならないとか。

20組の挑戦者の中で、アドバンスコースをクリアしたのは
にいたんの組ともうひと組の4名だけだったそうです。
にいたんの組はにいたんももう一人の子も、アドバンスコース初挑戦だったそうですが、
もうひと組の子たちは数回目だそうで、
「アドバンスコース一回でクリアするのはすごい」と
先生に言われて得意満面で帰ってきたにいたん。

私は参加費を届けるため
交通費2000円かけて、未来館でにいたんと会い、
「絶品チーズバーガー」を食べて、
帰ってきました。

ふう~
[PR]
by allemande0611 | 2010-11-24 08:36 | 日記

室内楽修了コンサート

f0115721_1035851.jpg
狛江ステップでの
室内楽修了コンサート

昨年は狛江ステップに
にいたんがオプション企画の
『おはなしとピアノ演奏』に参加していて、
その時に、室内楽をやっている方々の演奏を聴いて
いいな~って思っていましたが、
今年は私自身が参加しました。

約一年間受けていた
室内楽マスタークラス。
毎回課題に追われ、
ふ~ふ~言いながら、
でも一度も休まずに参加できたのは、
弦の先生方や松本裕子先生の指導が楽しみだったからです。

そして、ステップ。
昨年はにいたんの出演した部と
その次のあすか先生たちの修了コンサートの部を
聞いただけでしたが、
今年は2日間朝から晩まで会場にいました。

お昼も夜もほとんど食べる時間のない過密スケジュールのステップ&企画。
行く前は「殺人的企画だ!」と思っていましたが、
2日間、すばらしい音楽と先生方の指導力を目の当たりにして、
感動と感激の連続。
たくさんの音をシャワーのように浴びて、
幸せいっぱいで、帰ってきました。
2日間文句を言わずに協力してくれた家族に感謝です。


詳しい内容はこちら
一日目→クリック
二日目→クリック
雑記→クリック
[PR]
by allemande0611 | 2010-11-22 10:37 | ぴあの

すごいぞ!アマゾン・・・

楽譜が行方不明になってしまいました。
2週間探し続け、
生徒ちゃんたちにそれとなく
「ねえ、間違えて持って行ってない?」っと聞きつつ、
出てくるのを待っていましたが、
楽譜ちゃん現れない(--;

クリスマス会に幼稚園の生徒ちゃんに
連弾で伴奏をつけるのに
轟千尋編曲の「みんなでれんだんハッピークリスマス」から曲を選んだので、
伴奏譜がないと全く私が弾けない・・・
生徒ちゃんはバスティンのプレリーディングで弾いてるからね。

さすがに今週はちゃんと弾いてあげないと
どこで入るのか、前奏がどんな曲なのか、
繰り返しがどうなってるのか間奏がどのくらいなのかわからない。

知り合いの先生が持っていたら、PDFでとりあえず送ってもらおうかとメールしたけれど、
どなたも持っていらっしゃらない(T0T)

「11時に所沢か池袋のヤマハが開くのを待って、電話して、買いに行くか」
(読み聞かせ講座あきらめて・・・)
「ヤマハに無かったら、八王子の島村楽器に問い合わせてあったら取りに行くか」

さんざん悩んでおもいついたのが
Amazon!
調べたら在庫がある。
9時までに注文が確定すると有料だけれど
お急ぎ便として、その日に届く・・・

お急ぎ便代金は500円。
所沢まで往復するなら電車賃より安いし、
何より、時間の節約だわ(読み聞かせ講座にいける)

頼んでみたところ、
夜の19時30分到着。

助かった~
これから、転調しているところを書きなおして、
明日のレッスンの準備です~

あ・・・ワークショップの課題もまだだったっけ。

しかし・・・便利な世の中になったものですね。

すごいぞ~Amazon!!

というわけで、昨日は所沢や八王子にすっ飛んで行かなくて済んだので、
図書ボラの講師の先生とランチが出来たのです♪
[PR]
by allemande0611 | 2010-11-16 09:44 | 日記

お話ボランティア講座

県立久喜図書館主催「おはなしボランティア指導者養成講座」を
修了された おはなしボランティア指導者を研修会の講師として、
お呼びして図書ボランティアの初心者向け講座が
小学校でありました。
詳しい内容は→絵本のブログへクリック

たまたま派遣された講師の先生を知っていたので、
初心者ではないけれど(読み聞かせ歴8年なのです)
参加させてもらいました。

「子どもと本をつなぐ」ことを基本に、
子どもと楽しさを共有することを大切にしましょうというお話は
ためになりました。

印象に残ったのは
「子どもは主人公と一緒になれるから、
 行って帰ってくるお話が安心する」ということ。

ピアノ曲でA-B-Aにもどるのが安定して感じるのもそうなのかな?

昔話にはお話の力(ちから)があるということ。

そうかもしれないですね

今の忙しい子どもたち(親も)
時間がない、刺激の多い中にいる子どもたちに
心の栄養として、心のゆとりとして、
本の世界や音楽の世界があったらいいのにな~っと思いました。


久しぶりにお会いしたので、
一緒にランチを食べて、
おしゃべりを楽しみました。
この方は今、東京子ども図書館のお話講座(2年間)に
通われているそうで、
通い始めてまたお話の魅力に取りつかれたそうです。

東京子ども図書館と言えば
読み聞かせ本「おはなしのろうそく」が有名ですよね。

10年ほど前、何も知らなかった私は
本屋さんに電話で注文。(アマゾン知らなかったし)
入荷したとの連絡に取りに行ったとき、
カウンターに積み上げられた24冊の本に唖然としました(@@;

まさか、「何巻」があると知らなくて、何も言わなかったら、
全部取り寄せてくれたそうで・・・

お財布の中身を全部はたいて買ってきたのを覚えています。

でも、それはにいたんの寝る前のひと時にとても役に立ちました。

小さな本ですが、中身はいっぱい。

そして、ボランティア始めてからは、
この中から語りのお話をいくつか覚えました。

なんだか今日は心が温まる日でした。
[PR]
by allemande0611 | 2010-11-15 14:56

『シューマンの指』

久しぶりに小説を読みました。

奥泉 光氏の『シューマンの指』という
ミステリーです。
***以下講談社HPより*******************

高校3年の春、彼の前に現れた天才美少年ピアニスト。その白く艶めかしい指が奏でたのは、≪殺人の序曲≫だった――。
甘美なる調べ。衝撃の結末。
生誕200周年・シューマンに捧げる、本格音楽ミステリ

シューマンの音楽は、甘美で、鮮烈で、豊かで、そして、血なまぐさい――
シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。

野間文芸賞受賞後初、鮮やかな手さばきで奏でる“書き下ろし”長篇小説。
**********************

と~っても不思議な雰囲気。
シューマンを聞いた後のような読後感です。


シューマンの曲がたくさん出てきますが、
何より印象的なのは
作品17の幻想曲 ハ長調。

ネタバレになるのでこれ以上、言えない~~~!!!
[PR]
by allemande0611 | 2010-11-07 20:34 | 日記

宵(酔い)祭り

飯能祭りです。
明日の本祭りの前の
宵祭り

底抜け屋台が午後に町内を回ってきて、
寄付を渡し、お囃子をしてもらい、
夜、パパしゃんと宵祭りに(前夜祭)

酒屋さんで樽酒(天覧山)を冷酒で飲んで、
すでに酔っぱらっております。

明日の弁当作りどうしよ~(@@;

f0115721_19284660.jpg

[PR]
by allemande0611 | 2010-11-06 19:29 | 日記