<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

パーフェクトセミナープラス

所沢に引き続き巣鴨・・・
急いで、洗濯物を干して、ゴミ出しをして、電車に乗りました。

E先生の講座2回目。
お話の途中で前回の講座の内容について
誤っておられましたが・・・
オルガンピアノの本4冊とベーシックス4冊をやるというのが、
E先生の指導スタイルらしいです。

今回は何と言っても最後にT先生が、
レベル4のアクロバットの曲に
オーケストラ編曲を合わせた物を聞かせてくれたのですが、
単純なA-B-A+コーダの曲を、
こう解釈して編曲したと言うお話がとても面白く勉強になりました。
そして、なんと、
新しく出版されたのNHKドラマの主題歌「瞳」と「ちりとてちん」の曲を
3曲ほど生演奏してくれたのです。
次回の講座に期待がかかります~♪

今回はセミナーレポートのみ。
アンケートはなかったです。
なんででしょうね・・・(??)
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-28 06:11 | ぴあの

コーチングセミナー第三回目

昨日は、朝、六年生の朝読書に行き読み聞かせ、
ダッシュで電車に乗って、ふるるさんと所沢にコーチング、
戻ってきて、授業参観&保護者会&修学旅行説明会・・・

どうして、木曜日は雨が多いの~(`0´)/

********
さてさて、コーチング。
今回は木下コーチ。
テーマは「タイムマネジメント」

重要かつ緊急
重要かつ緊急でない
重要ではないが緊急
重要でも緊急でもない

この四つの事柄に分けること、結構新鮮でした。

そして、「次回まで3週間で何か新しいことを始めましょう!」と
全員が宣言、実行することになりました。

う~ん(--;
「ドイツ語の勉強」と言ってしまった。
さて、今日から・・・
あ、今日はパーフェクトセミナープラス2回目だわ。
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-27 05:37 | ぴあの

ターシャ・テューダーさん

アメリカの絵本作家であるターシャ・テューダーさんが、
18日にお亡くなりになったと知りました。

我が家のスコットがくるきっかけになった、
「コーギビルの村まつり」の本の作者です。
詳しくはゆうたんのおへやのスコット秘話をどうぞ→クリック

ターシャ・テューダさんのHPはこちら→クリック
英語読めないんですが(汗)とても素敵なページです。
ペットの写真が可愛いの・・・

たくさんの素敵な思いを
たくさんの人の心に残してくれたターシャ・テューダさんの
ご冥福を遠く日本からお祈りしています。

な~んにも考えていないスコットです。
f0115721_556460.jpg

[PR]
by allemande0611 | 2008-06-26 05:57 | 日記

打ち上げ&メビウス

昨日、墨田ステップの打ち上げ&反省会で、
東京丸ビルのイタリアンでコースランチしました。
実際にスタッフした先生たちの半分しか集まれませんでしたが、
一言ずつ感想や気がついたことをお話しして、
イタリアンを食べながらあとは雑談。

色々な地区のステップの情報、
ホールやピアノのこと、
会場の雰囲気、ステーションの特徴など、
聞くことができて、ただただ感心するばかり・・・

2時過ぎに、今日こそはと(先日行ったらお休みだったので)
水道橋のメビウスゲームズに向かいました。
ちょうど、帰り道が同じ方向のT先生とご一緒に電車に乗っていて、
お話をしているうちに、T先生、ドイツのボードゲームに興味をもったらしく、
一緒にお店に行く!というので、ご案内。

メビウスおやじさん、メビウスママさんにお会いできて、
嬉しかったです♪

私が購入したのは・・・
「ドラゴンダイス」f0115721_5402693.jpg












「サメ警報」と「ボーナンザ」
f0115721_541834.jpgf0115721_5412728.jpg









そして、空輸中に箱が傷んでお安くなっていた
ヘックメック
f0115721_5432125.jpg









***********
夜、さっそく、にいたんと「ドラゴンダイス」をやってみたけれど、
どうも説明書を読んでもよくわからない部分がある・・・
二人でああでもない、こうでもないと一時間ばかりやっていたけれど、
おかしいぞ。どこかでルールを間違えているみたいだわ。
う~ん「イージープレイ」なはずなのにな~

もう一度冷静に説明書を読んでみよう。
で、ダメなら、
メビウスに電話して聞いてみようかな・・・
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-24 05:49 | 日記

カタン―我が家の開拓者たち・・・

6月半ばころ、我が家に来るメンバーが少し変わってきました。
どうしたのかな~?っと思っていたら、
また、携帯用ゲームのソフトで15歳以上対象のゲームが発売され、
クラスの男の子の半分はそれを持っているとのこと。
親がわかっていて買っているおうちもあれば、
「おじいちゃんに買ってもらえば、親は何も言わない」という子もいて、さまざま。

たまたま持っていた子がいたので見せてもらいましたが、
ものすごい、流血・・・うわ~こんなに血が吹き飛んでる~
食欲なくすわ~っという画面。
私は苦手です!こういうの。

で、ゲームソフトを持っている子だけ集まって遊んでいるらしく、
あぶれた子どもたちが我が家に集まってきていたのです。

始めのうち定番になってきている
ミッドナイトパーティゴキブリポーカーをやっていましたが、
何か新しいのやりたいというので、たまたまその時に4人だったので、
カタンを出してみました。
f0115721_9232360.jpg

*********
「カタン」のゲームについては
HP「ゆうたんのおうち」のボードゲームコーナーこちら

ルールは覚えてしまえばなんていうことないのですが、
説明するとなると結構ややっこしいゲームです。
人生ゲームのようにルーレットまわして、出た目を動くというものではないので。
ドイツゲームの対象年齢10歳以上は
なかなか手ごわいゲームがそろっています。

説明書もルールだけで10ページあります。
よくよく考えて、なるべく難しく思えないように説明して、
楽しくプレイできるように持って行きました。
初めはつきっきりで、
資源回収やチャンスカードの説明をしていたのですが、
そのうち自分たちで遊び始めたので、
台所で夕食の支度をしながらなんとなく様子を見ていました。

驚いたのは、子どもたちの交渉が容赦ないというかすごいというか・・・
大人が混じってプレイするとつい、子どもに甘く交渉成立させてしまうのですが、
子ども同士だと、違うんですね。

たとえば、ひとりが
あげるから、欲しいんだけれど」と交渉を持ちかけます。
残りの3人がさっとを一枚ずつ出します。
すると、を出していた子が
一枚?何か付くかな~?」と持ちかけます。
3人はそれぞれ手もちの札から
「じゃあ、をつける」
「ボクは、3枚にするけど、そのかわり2枚にしてくれない?」と
それぞれが条件を出していきます。
私はそこまで説明しなかったのですよ。

しまいに、値を吊り上げるわ、脅かすわ(あくまでもゲーム上で)誰かと結託するわ・・・

乗ってくるといつもの通り・・・
「社長~ここの開拓うまくいかなくて資源が来ないんですよ~」
「うちは羊だらけで、そろそろジンギスカンレストランをはじめようかとおもってるので・・・」
(レストランはこのゲームにありませんので)
「うほほ。バブリ~」(資源回収がたくさんのこのセリフ)
「うわ、バブル崩壊」(7が出てバーストした子のセリフ)
などなど・・・

しかし、聞いていて、この子たちが大きくなって営業マンになったら、
悪徳業者だろうなと思ってしまいました(笑)

一度覚えてしまえば、たのしいカタン
やりたくなると子どもたちは4人で約束してやってきます。
1995年大賞受賞のこのゲーム。
12年たっても子どもたちをドイツゲームの魅力に引き込んでくれます。

*****:*****:*****
にいたんは、「カタン」は
親とやるより、友達とやった方が面白いことがわかったらしく、
最近、私とは遊んでくれません。つまらない・・・

スコットは相手にならないしな~
f0115721_929266.jpg

[PR]
by allemande0611 | 2008-06-19 09:29 | ドイツゲーム

もどってきた、ジオン屋敷

にいたんとお友達4人がやってきました。
何を思ったのか急に
「ジオン屋敷ごっこやりたい~」と言い出しまして・・・
以前の様子はこちら→クリック

家の中を壊さない、
けがをしない、
楽しくやる

という命令?を出して、OK出しました。

2班に分かれて、リポート役とお化け役に分かれて始めました。

「3,2,1、キュー」
「え~5時のニュースの時間です。
このあたりで不審な屋敷があるという噂があります。
あ~なんか音が聞こえますね~
ここで、おばけ評論家の〇〇さんにお話を聞いてみましょう」
「あ~評論家の〇〇です
おばけはいるところにはいるし、いないところにはいない」
(そう言って逃げ出す)
「あ、ムツゴロウさんが逃げた!
しかたありません、では、ジオン屋敷に入ってみましょう」

(中では真っ暗にして懐中電灯を持って待機するお化け組)

きゃ~%★バタン&*!@ぎょえ~


で、この後に、動画撮影したものをみんなでみて
大笑いしています。
このパターンを数回繰り返し
あ~おもしろかった~っと帰って行きました。


なんだか、これで小学校最高学年の子たちなんだよねぇ。

ここに書ききれないほど、アナウンサーや評論家のセリフがおかしくって、
もう、私は涙流してカレーを作っておりました。
この気温なのに、部屋を閉め切りにして、

しかし、男の子が5人でワサワサしていると、
暑っ苦しいったら・・・

さて、カレーも出来たし、スコットの散歩だわ。
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-18 17:46 | 日記

小学校おはなし会

久しぶりに図書館のボランティアのお手伝いで、
小学校のお話し会に行きました。
隣の市の小学校ですが、
にいたんの通っていた幼稚園の近くの小学校。
幼稚園の同級生が多数います。

6年の教室に行くと、
いるいる、大きくなったお友達たち。
私のことを覚えてくれていた女の子は、
きらきらの目で見てくれるので、
語りをしていて、ドキドキしました。

6年生には「魔法の馬」
5年生には「ババヤガーの白い鳥」を
語ってきました。
クラス全体のプログラムは「えほんのお部屋」のブログに載せます。

~~~~~~~~~
帰ってきて、
子ども劇場の事務所に、
夏語りのリハーサルに行きました。

今回は群読をやることになったので、
4人で練習。
「あめふり」や「あまがさ」のイントネーションをそろえたり、
タイミングを合わせる練習をしました。

メンバーの一人が「ねえ、読んでいて情景浮かんでる?畑やお池に雨が降ってる感じ聞こえない」と言われ、みんなでもう一度やり直し。
声もピアノの音も、心の情景がないと、聞いている人に伝わらないものなのですよね。

う~~ん、奥が深いな・・・
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-17 23:31 | 図書ボランティア

ステップお手伝い

ピティナピアノステップ墨田地区のお手伝いに行ってきました。

20人くらいのスタッフで、それぞれの配置につき、
それぞれの仕事に従事しました。

ステーションの先生が詳細なマニュアルを作ってくださっていたので、
ある程度頭の中でシュミレーションしてから、当日を迎えられて、
動きやすかったです。

私はアドバイザーの先生方のお世話係。
お茶やお菓子を出したり、部が始まるときの案内、鉛筆削り、
コメント回収して、集計係のスタッフに届けるという仕事をしました。

アドバイザーの一人が、いつも巣鴨の講座でお世話になっている、
高橋先生でしたので、ちょっとうれしかったです。

アドバイザーの先生方、丸一日、ピアノを聴き続け、コメントを書き続け、
重労働ですね。それなのに、最後まで、コメント欄はいっぱいになるまで、
書いていらして、すごいと思いました。

私は・・・失敗を一つやらかしました。
ステーション代表の先生に報告をして、
アドバイザーの先生方に謝りました。
高橋先生が「私もやったことあるから~」と笑ってくださって・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

120人ものステップを受けられた生徒さん達に
素晴らしいホールとピアノで
素晴らしい先生方のご指導をいただける機会を作る
ステップのお手伝いが出来たこと、
ちょっぴり誇りに思える、そんなスタッフ仕事でした。
f0115721_5345598.jpgトリフォニーのネコさんの両耳をつかんでお願い事をして帰ってきました。






***********
2008.06.16.19:00
記事の一部を削除しました。
ご了承ください。
m(_ _)m
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-15 23:18 | ぴあの

魔女の家

昨日、PTA本部役員で知り合った方のお宅にお邪魔しました。

私が行くことを知って、他の友人が
「気をつけてね~あそこに行くと魔法にかかるから」と
言っていたので、どんなお宅かしらと興味津津でした。

街中から徒歩で10分ほど離れた丘の上。
坂を上るとおうちが見えました。
お庭に入ると、ちょうどターシャの庭のようなお庭です。
色々なハーブやお花が咲き乱れていて、小道があり、
池があり、裏は川になっていて、別世界のようでした。
お庭にはゴールデンレトリバー1匹とウコッケイが2羽遊んでいます。

お宅に入ると広~いワンルームにC5のグランドピアノとネコさんが4匹。

お庭で摘んだハーブでお茶を入れてくれて、
彼女としばらくお話ししていたら、
ナント、同じ小学校の出身と分かり、びっくり。
同じ埼玉県内とはいえ、ここからは遠い市の学校。
住んでいたところも同じ団地内で、
昔の話に花が咲きました。

1時間半ほどでしたが、お話ししていて、
自分を見つめなおす時間になっていました。
彼女の不思議な魅力です。

PTAと園芸ボランテイア以外は家を出ないというか、
彼女いわく「下界におりると息ができなくなるの」というので、
ほとんどあの、素敵な庭で過ごしているそうです。
自称、999歳。

本部役員会などで見ていたお顔は
しっかりした、バリバリと仕事をこなすお母さんの印象でしたので、
かなり衝撃的でした。

やっぱり、魔法にかかってしまった気分です。
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-14 07:07 | 日記

朝読書&交流会・勉強会

すごい雨の中、朝から朝読書の時間の読み聞かせのため学校に。

その後、今年度立ち上げた
市内小学校で図書ボランティアをやっている人たちの交流会・勉強会に行き、
戻ってきて、やっとお昼。

お掃除して、レッスンの準備しようっと。
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-12 14:04 | 図書ボランティア