<   2008年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

4年に一度

2月29日。
4年に一度、主人方のお祖母ちゃんの命日です。
結婚するときはもう他界していましたが、
私と同じ誕生日のお祖母ちゃん。
写真でしか見たことないけれど、なんとなく、親しみを感じました。

「2月29日埼玉県内の小学生の女の子を殺す」なんていう
殺人予告がネットに出たため、
学校は厳戒態勢。
お手紙がきて、下校の時の親の協力要請。
結局、14時過ぎに容疑者を捕まえたそうですが、
我が家は男の子とはいえ、一日落ち着かなかったです~

帰宅したにいたんとおやつを食べていたら、
宅急便が来ました。
あ~~~~当たった!!
f0115721_7532396.jpg

ディズニーランド25周年記念スペシャルナイトのチケット!

うふふ~でも、ペア券なんだわ。
我が家は家族3人。
おいていかれるのは誰でしょう~?
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-29 23:46 | 日記

金魚草とパン

昨日、0・1・2歳児を持っているお母さんのための講座があって、
そこで仕事をしている人から、良いお話が聞けるからと誘われて伺いました。

『こころ座』代表・語りを担当している風間 操氏のおはなしでした。
時間に間に合わなくて、最後の方しか聞かなかったのですが、
心に残ったので、書き留めておきます。

*****************
ある日、高校生の息子が、まっ黄色に髪を染めて帰ってきました。
あっけにとられて、でも、冷静にならなくてはと
「買い物に行ってくる」といって、外に出たました。
公園に行くと、ちょうど秋で、銀杏がまっ黄色に色ついていて、
「うちの息子のあたまと同じ」と思いました。
~~~~途中略~~~~
数日後、新聞屋さんからもらった草花の種の袋をテーブルに置いておいたら、
それを見た息子が「これ植えろよな」と言ったんです。
「なんで?」と聞くと「おれ、金魚草すきだから」と返事。
まっ黄色の頭で言うんですよ(笑)
「金魚草好きだったの?」
「ああ、エルマーの冒険にでてきただろ」
「え?」(全然記憶にない)
息子さん鼻でフンと笑って「読み聞かせてたのに、覚えてないのかよ」
「・・・・・」
その後何日もそれがどこの場面にでているのか教えてくれませんでした。
たまたま、ある公演を見て、「エルマーと16匹のりゅう」の舞台装置で、
金魚草をセットしていたので、これだ!と思い、家に帰って
「エルマーと16匹のりゅうね」というと
「そうだよ。幼稚園の時、読んでもらって、どんな花か不思議に思っていたんだ。
小学校に入って、学校の花壇に『金魚草』と書いてあって、金魚草が植わっているのをみて、
この花だったんだって思って、それから好きなんだよ」

この話を聞いて、うちの息子まっ黄色の頭しているけれど、
心の中に、ちゃんと小さい時のタネをもっている、
大丈夫だと確信したんです。

*******************

私も、金魚草がどこに出ているかわからなくって、
帰ってきて、にいたんに聞いてみました。
にいたんは「金魚草?知らないな~僕が印象に残っているところは、最後にエルマーがパンを食べているところだな」とのこと。
「え?パン?食べてたっけ?」
「覚えてないの?」(チロっと人を疑う目・・・)
「・・・・う、うん」

さっき、にいたんが学校に行ってから、本棚からだしてきて、確認したら、
「エルマーと16ぴきのりゅう」の最後に、たしかにパンを食べるシーンがありました。

食いしん坊なやつ!
そういえば、にいたんの覚えているのはそういう場面ばかり。
バムとケロのパンケーキやクルトンが山盛りのスープ
いやいやえんのこぐまのおべんとう
きょうのおべんとうなんだろうのぶたさんのお弁当でバタつきポテト

うちの息子も大丈夫かな・・・?
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-28 09:20 | 日記

落語会 柳家三三師匠

昨日、昼間はすごい風で、
庭のバラのフェンスは倒れるわ、鉢は飛ぶわで、
家の中におとなしくしていたのですが、
夕方、風もおさまったので、家族で地元の落語会に出かけました。

出演は柳家三三師匠。
最近三三師匠は大人気で、毎回動員人数を更新しています。
この日も、130人を超える人が訪れていました。
あまり広くない畳敷きの会場。
でも、マイクを通さない生の声が聞ける貴重な寄席です。
中には三三師匠の追っかけの方もいて、
都内から電車で1時間かけてくる人も・・・

演目は三席
道具屋(どうぐや)
鹿政談(しかせいだん) 
宮戸川(みやとがわ)


道具屋は大好きなお話。
でも、生で聞いたことがなかったので(テープや本でしか知らなかった)
いつか、聞きたいとずっと思っていました。
客と与太郎のやり取りが面白い。
さすが、三三師匠です。

鹿政談はどこかできいたことがあります。
最近、ドラマでも有名な奈良の鹿の『奈良の名物といえば、大仏に、鹿の巻き筆、あられ酒、春日灯篭、町の早起き』ではじまるお話。
奈良町奉行と鹿の守役、正直者の豆腐屋の六兵衛さんのやりとりがやはりおもしろい。
三三師匠の表情の違い、声の出しかた、上手ですね~

宮戸川は色っぽいお話。
盛り上がってきたところで、「時間です」という落ち。
小5の息子を連れていた母としてはホッとしたりして(笑)

にいたんは道具屋がお気に入り。
帰ってきて、夜、布団の中で、

「じゃあ、その鉄砲を見せい。これはなんぼか?」
「一本です」
「代じゃ」
「樫です」
「金じゃ!」
「鉄です」
「値(ね)は!?」
「ズドーン!」
という、落ちの部分を言ってはケラケラしていました。
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-25 08:36 | 日記

うれしかったこと

昨日は、うれしかったことが3つありました。

その1)
学校から大きな封筒が来ました。
何かと思ったら、4年生の子どもたちが
図書ボランティアのお母さん方に書いてくれた、
お礼のお手紙です。
「読み聞かせに来てくれるの、楽しみにしていました」
「読んでもらって、本が好きになりました」
「また、来てください、待っています」
などなど・・・
130人分くらいあるのかな?うれしくって、一気に読みました。
f0115721_7324747.jpg


その2)
今日来た生徒さんが「400マス終わった~」と持ってきました。
アチャモの400マスなんですが、見るとなんか変・・・???
太ってるんです(汗)
よくよく聞いたら、週の途中で、塗り終わっちゃって、
つまらないから自分でマスを足して塗ってきたとのこと。
をを~やる気出てきたねぇ。
師匠としてもうれしいです♪

その3)
以前、あめしずく。さんがブログに書いていた
「ゆず胡椒の炊き込みごはん」
気になって気になって、昨日、やっと炊いてみました。
初めは「ゆず胡椒」を炊き込むなんて想像できなかったのですが、
辛味が飛んで、ゆずの香りがほのかに香って、
これは美味!
3合炊いて、家族3人で、あまりませんでした(アチャモ見たいに太るかな?)
おいしくって、うれしくって、幸せ~な夕食でした。
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-23 07:12 | 日記

講座に行ってきました。

昨日はバスティンの藤原先生の講座でした。
パーティーDと併用教材のテクニックのお話。

テクニックは先日MIDIを買って、
一通り弾いておいたので、先生のお話を聞いてなるほどと思う箇所多々ありました。
自分一人だと、気が付いていないこと(書いていないスラーとか)あるんだと、
改めて思いました。

そのほか印象に残ったのは、
音のお話。
ただP ピアノ(弱く、小さく)だけではなくて、
どんなPなのか。
さびしいP・悲しいP・憂いに満ちたPなど、
形容詞が必要な音を考えるということ。

意外と音に無頓着になりがちな子供たちに
気をつけなくては・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

講座の後は、藤原先生を囲んで、バス研立ち上げ有志の皆さんとお食事。
楽しいひと時でした。

なかなかピアノの先生同士でお話しする機会がなかったので、
いろいろなお話が聞けてよかった~
遠くから(中には新幹線で)この講座に駆けつけてくる方もいて、
みなさん、熱心だな~って、感心してしまいました。

必死になって、名刺作っておいて、役に立ったわ(パソコンと格闘したぞ・・・)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

そうそう、数日前に、池川先生の講座のレポートが返ってきました。
質問に丁寧に答えてくださって、うれしいものですね。
しかし・・・先生のお答えを読むと自分の甘さがよくわかって反省・・・
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-22 09:42 | ぴあの

ザーガランドのルール

何カ月か前、ドイツのボードゲームを紹介している
HP「gioco del mondo」のあきおさんが、
日本で売られている「ザーガランド」のルールは違う
というコメントをどこかに書いていたのを読みました。
gioco del mondoのザーガランドのページにも書いてありました。
Geekで英語ルールでも確認したそうです。
(私は英語が読めないので確認できません)

日本で売られているザーガランドは河田が出していて、
ルールは日本語のみ。
メビウスさんのようにドイツ語のルールが入っていませんので、
確認しようがありません。(ドイツ語ならちょっと読めるぞ)

違う部分は
日本ルール
「2個のさいころを振り、好きな方のさいころの目だけコマを動かす」
ドイツルール
「2個のさいころを振り、両方の目を使って駒を動かす」

ドイツルールだとたとえば3と5の目が出たとき、
3個動いて、木の裏を見て、また、5個動くこともできるのです。

初めて、「ザーガランド」をやったとき
(日本ルール)やたら前半が長くって、忍耐だな~っと思いました、。
それでも、おもしろいのですが、
確かにこれではゲームの流れが前半と後半では違ってしまいます。

ずっとドイツルールが気になっていたのですが、
なかなか相手がつかまらなかったので確信が持てませんでした。

でも昨日、にいたんの友達がきたので、ラッキー!!とばかり、
捕まえて(?)ザーガランドをドイツルールやってみました。

前半のスピードが違います。
木の裏を見る確率が上がるのです。
そして、城の周りにいて、村送りされても、すぐに前線復帰できます。

こっちのルールの方がぜんぜんこおもしろいじゃん・・・
というのが私の感想です。
どうせなら、ドイツのルールをきちんと載せて、
そのうえで、日本ではこうやったらどうでしょうか?という風に紹介して欲しかったです。
f0115721_5593990.jpg

私のHPも書き直さなくっちゃ・・・
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-21 06:02 | ドイツゲーム

ピアノの練習ABC

昨日、本当はコーラスに行くつもりでしたが、
前日の味噌作りの後片付け
(鍋をしまったり、煮こぼしてしまったガス台の掃除)
をしたかったので、休みました。
でも、家にいると、隣のばあば(私の母)が
何かと御用を仰せになりまして・・・
先週私が、バタバタしていたから、頼みにくかったとかで。

ほっとする間もなく、学校に行く用事もできまして、学校へ。
教頭先生とお話をして・・・教務主任につかまって・・・ふう~
ガス台のお掃除はどうなるんだろう~

昼過ぎにちょっと時間ができたので、
少しピアノを弾きました。
先日の講座で池川先生がベーシックスと併用しているという
「ピアノの練習ABC」
小学生のころやった覚えがあったのですが、
自分の生徒には一度も使ったことがなかったのです。
楽譜を引っ張り出したら、まあ、古いこと・・・
昭和42年印刷 定価180円
(注:年を計算しないように!)
中を開けると、全部はやっていませんが、
ところどころに先生の注意書きが・・・
そして、ページの上には数字が100まで書いてあって、
その数字を〇してあります。
きっと、一回弾いたら〇という風に練習していたのでしょうねぇ
(記憶にない)
あの頃、400マスとかあったら、きっと楽しかったんだろうな~

言い回しも古くって、シンコペーションは「切分音」と書いてあります。
今、こういう人いないんじゃないかな。
そして、指使いが意外と難しい。
今は125版がでているそうですから、変わってるのかな?

あと、やたら、
「掛留和音 (Suspended) = 根音 + 完全4度 + 完全5度 」が多くて、
気になります。
単純に属七に行って~って思ってしまう。
Csus4・・・和音としてはかっこいいんですが、何曲もでてくるとね。

全曲弾いてみてだいたい45分。
あれ?アルファベット26文字のはずなのに25曲しかないわ。

(-″-)う~ん・・・
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-19 14:41 | ぴあの

味噌の仕込み

毎年恒例の味噌の仕込みをしました。
らでぃっしゅぼーやから取り寄せた、
米麹(山形県産農薬不使用ひとめぼれ・こしひかり)
大豆(埼玉県産農薬不使用白光)
塩(沖縄県石垣島サン 自然海塩)
で、仕込みます。

大豆は2,6キロ。
大きな鍋三つにわけて、朝から4時間くらいかけて茹でます。
ゆでている間に、先日、東音で、バーゲンで半額で買った
「バスティンテクニック、プリマーレベル」のMIDIに合わせて、
全曲弾いてみました。(40分くらいかかった)

ゆであがった大豆をにいたんと手分けして、
クッキングカッターでが~とやり、
塩と麹をまぜて、容器に投げ込みます。

途中で、遊んでしまったり・・・
味噌だるま
f0115721_1812459.jpg


にいたん容器に入りそう・・・
f0115721_18124972.jpg


最後に重しをして、段ボール箱に入れて、サインをします。
f0115721_1813326.jpg


このサインを見ると2001年から作っているのがわかります。
幼稚園の頃は粘土遊びの延長だったにいたん。
最近は手際が良くなって、大分こちらが楽になりました。

「今年はどうする?」と毎年聞くと
「手伝うよ。これが楽しみだもん」と言ってくれます。
そうそう、2学期に家庭科で味噌汁を作ったとき、
手前味噌を自慢して持っていきました。
同級生に「おいしい」と評判だったそうです。
(↑本当の手前味噌だわね・・・汗)
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-17 18:16 | キッチン

バスティン講座レベル4

昨日は、池川先生のレベル4の講座でした。

レベル4になると5度圏や増・減和音が出てくるので、
なんだか受験を思い出してしまいました。

この日も同じような言葉が池川先生からうかがえました。
ドとレとミが速読できたって、
ドレミというフレーズが
音楽の中に聞こえなくては
意味無いでしょう?


思わずにやりと笑ってしまいました・・・

あと、同主調の調号を見つける見つけ方、
♭を3っつ足して♯と××していく方法(??)

「私は受験の時からこうやって教わったんだけれど、
講座でこれを言うと先生方不思議な顔するのよ」と
おっしゃっていましたが、
家に帰ってきて、落ち着いて考えてやっと意味わかりました(汗)

レベル4までの併用教材の入れ方とかも、興味深かったです。

池川先生担当の講座は今回が最後、
次回は中級レパートリーです。
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-16 06:07 | ぴあの

児童文化講座

昨日、図書館で行われた「児童文化講座 学校図書ボランティアを考える」というのを聞きに行きました。講師は青木淳子氏です。
第一回目は子どもと本についてのお話でした。
その中で印象に残ったことを書き留めておきます。

「い」という字と「ぬ」という字を
読めても、「いぬ=犬」とわからないと
面白くないんですよ

  うんうん、ピアノもそうだよね。
一度本が好きになった子どもは
一生本が好きです。

  あ・・・ピアノもそうかもしれないな・・・
読み聞かせに選ぶ時は
自分が好きな本を読むこと。
思いは言葉に乗って
伝わってしまいます。
嫌いな本を「良い本」だからと読まないこと
  そっか・・・私たちの思いは言葉にもピアノの音にも表れるのね

読み聞かせも、ピアノのレッスンも奥が深いな~と思いました。

今日は池川先生のバスティン講座です。いってきま~す。
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-15 05:56 | 日記