カテゴリ:ドイツゲーム( 9 )

彼はカホンとザクロを持ってやってきた

「あのさ~Kちゃんが
久しぶりにボードゲームやりたいから
遊びに来るって」



にいたんからそう聞いて内心うれしかった私。
しまってあったボードゲームを色々出して
置きました。

午後、Kちゃんは
ザクロ一個とカホンを持ってやってきました。
f0115721_2241585.jpg
f0115721_2240529.jpg


ザクロはどこだかで、音響のお手伝いをしたらいただいたとかの
おすそ分け。

カホンはもとはペルー発祥の打楽器。
彼はホームセンターで材料を買って自分で作ったとか。

にいたんとKちゃんは
ピアノとカホンで遊び始めました。

f0115721_22411216.jpg


なんだか聴いていたら楽しそう~

途中で、私も乱入して、何曲か合わせてもらいました。

たたく場所でバスドラムとスネアドラム風の音が出ます。
結構、楽しい!

戦場のメリークリスマスや
ジブリの曲など、あれこれ楽譜を引っ張り出して
あ~でもないこ~でもないと言いつつ弾いていました。

リズム楽器が入ると楽しいのね~♪


さて、今日のボードゲームは
「カルカソンヌ」
メビウスママさんのブログで
Essen Spiel 2011 カルカソンヌ世界大会の動画
見た私たち親子な「やりたいね~久しぶりにやりたいよね~」と思っていたので、
Kちゃんが来てまず「これ!」と始めました。


f0115721_2241287.jpg


なぜかKちゃんの負けた・・・
5年ぶりにやってきたKちゃん強し。
そのあと、Qジェットをやって
また、ピアノで遊んで、
夕方帰って行きました。

夕食後にザクロをいただきました。
f0115721_2241814.jpg


おいしかった。

お肌にも良いらしい。


受験終わったらまたおいでね~
[PR]
by allemande0611 | 2011-11-23 23:11 | ドイツゲーム

ピザパーティ

昨年と同様、
0才から4才までのお子さんとお母さんのための
「親子講座」に、小学校の図書ボラ仲間でお手伝いに行きました。
場所は小学校内にある市の委託施設の親子ルームです。

親子ルームのスタッフの方と、
私たち小学校の図書ボラで、
布芝居、手遊び、絵本の読み聞かせなどをしました。

これで、本当に図書ボラ活動はおしまい。
でも、卒業生の保護者として、来年度も読み聞かせのお手伝いはすることになっています。

**********************

そのあと、速攻で帰ってきて、
大急ぎで掃除、そして、ピザの準備。

今日は、親しかった6年生5人を呼んで、
ピザパーティの約束していたのです。

いつも我が家に遊びに来るメンバー
みんなで、「マンマミーア」というピザ作るドイツゲームをしていて、
「そのうち本当にピザを作って食べようね~」と約束していたのです。

なかなか予定が合わなくて、とうとう、卒業してしまった・・・

男の子たち、ウチのにいたんもいれて6人。
ピザ生地を作っておいて、
のばすのからやってもらい、ピザソースを塗り、自分たちでいろいろなものをのせてもらいました。
サラミ、シーフード、トマト、ツナ、材料を切っておいて、好きなように作らせました。


f0115721_17303760.jpg


ちょっと形は悪いけれど・・・
ピザは全部で4枚作り、オーブンはフル稼働!

そのほかマカロニサラダや、お稲荷を20個作り、
フライドポテトも作り、子どもたちはきゃっきゃと騒ぎながら食べていました。

昨日の卒業式の話、WBCの話、4年のころどうだったとか、5年の頃ああだったとか、
あと、10年もしたらこの子たちお酒飲みながら又こんな話するのかな~っと思いながら、
キッチンでひたすら食べ物を作り続けました。
[気が付いたら、私の食べ物はなかった・・・)

そのあと、メビウスさんから送ってもらった
「あやつり人形」を私も混ざって7人でプレイ。

王様になった人の「コールしま~す。泥棒は手を挙げよ~」とかの言い方に大笑いし、
暗殺されて次のターンで泥棒やって、とか、もう大騒ぎ状態。

こうして、遊んでくれるのも最後かな~っと思いつつ、
私も大人げなく、邪魔をし、泥棒し、魔法で相手の手札を取り、みんなに結託され暗殺され・・・
楽しいひとときでした。

最後に「ザーガランド」を6人でやって、
子どもたちは帰って行きました。

今度会うときは中学生だね。
また、おばさんとあそんでね~(と心の中で叫んでみた)
[PR]
by allemande0611 | 2009-03-25 17:38 | ドイツゲーム

ひさびさのゲーム大会

昨日、にいたんの友達が2にんやってきて、
3にんで「カタン」を始めました。

ところがそこに後から2人やてきたので、
私もまざって「Q-ジェット」をやることに。
f0115721_10592782.jpg


6人なので6コースの面を使って、スタート。
初めのコーナーで、緑車が行く手をブロック。
後に続く5台のマシン。私はビリの白いマシン・・・
f0115721_10591050.jpg


このゲーム、手札はみな同じ条件。1から6までの数字のカードが4枚ずつ。
だから初めに飛ばしてるとエンジンブローするのです。

例の如く、子どもたちは大騒ぎ。
「あの~そのマシン邪魔なんですけれど~コーナーさっさとまがってくれませんか~」
「コーナーはゆっくり走らないとスピンするんだよ」
「ピットイン!」
「早くピットから出ろよ~入れないジャン」
「ピット作業が~あはは~長引いて~」
「もううう!次の周回でピットに入るから!先行くぞ」
「エンジン全開!」(6の札を出して)

ごちゃごちゃと会話をしながらも順調にトップをいく緑のマシン。
ところが・・・
最後の最後手札に6が残ってしまう。
(ルールでトップの車は6を出してはいけないのです)
f0115721_115410.jpg


幸いとそのわきをすり抜けようとする5台のマシン
(白マシンの私はまだビリ)

次々にゴールしてゲーム終了。

そのあと 「スコットランドヤード」をやることに。

怪盗Xを追う5人の刑事たち・・・
そのゲーム最中にさらに2人やってきたので、
怪盗を捕まえた後、
お決まりの 「ミッドナイトパーティ」

ここで、やっと私は外れて夕食の支度に・・・
みんなお化けにつかまって大騒ぎしていました。

こんな様子を見ていると、
本当にあと2か月で小学校卒業してしまうんだけよな~って
思いますが。

まあ、健全な子どもたちであることは確かです。
[PR]
by allemande0611 | 2009-01-29 11:03 | ドイツゲーム

ボーナンザ

月曜日 とこけん準備会
火曜日オイリュトミーレッスン 
水曜日ちょい用で原宿と
3日連続で出歩いていたら、疲れてしまったので、
今日は、学校の運動会練習の放送(聞こえるのです)を聞きながら、
のんびりしています。

f0115721_9522233.jpg
さて、タイトルの「ボーナンザ」
ですが、7月に購入して、
にいたんと夏休みの間、
2人で遊んでみたのですが
(実際は3人以上のゲームです)何度やっても勝てない私・・・
豆を植えて効率よく豆ターラーという金貨に変えていくのですが、
どうも、うまくいきません。

昨日、にいたんのお友達3人やってきたので、
誘って、5人で遊んでみました。
交渉ゲームは「カタン」やで経験済み。
説明をして、始めました。

お豆の種類は8種類
f0115721_9551497.jpg

上左から、大豆・ソラマメ・青豆・インゲン豆
下左から、紅花インゲン・ささげ・赤豆・ゴガツササゲ

でも、ドイツ語見ても、絵を見ても、豆の名前とむすびつきません。
子どもたちは勝手に呼びやすいように
「おまた豆」(赤い豆が手をまたに置いてるので)
「パンチング豆」(ボクシングしている絵だから)
「おえっぷ豆」(・・・ご想像にお任せします)
と変えて、交渉していました。

やはり、5人でやると交渉の確率が増えておもしろいですね。
みんな、うまく交渉&不要な豆の押し付けして、
自分の畑に効率よく植え付け、金貨に変えていました。

ここでも、トップには慣れなかった私ですが、
お友達は「おもしろかった~またやりたい!」と言って、
帰って行きました。

帰り際に一人が「しばらく、ソラマメ食いたくないな・・・」とぼそっと言っていました。
そうですね・・・この絵だもの。
f0115721_102629.jpg


ドイツ人の美的センスを疑ってしまいます。
[PR]
by allemande0611 | 2008-09-11 10:18 | ドイツゲーム

カタン―我が家の開拓者たち・・・

6月半ばころ、我が家に来るメンバーが少し変わってきました。
どうしたのかな~?っと思っていたら、
また、携帯用ゲームのソフトで15歳以上対象のゲームが発売され、
クラスの男の子の半分はそれを持っているとのこと。
親がわかっていて買っているおうちもあれば、
「おじいちゃんに買ってもらえば、親は何も言わない」という子もいて、さまざま。

たまたま持っていた子がいたので見せてもらいましたが、
ものすごい、流血・・・うわ~こんなに血が吹き飛んでる~
食欲なくすわ~っという画面。
私は苦手です!こういうの。

で、ゲームソフトを持っている子だけ集まって遊んでいるらしく、
あぶれた子どもたちが我が家に集まってきていたのです。

始めのうち定番になってきている
ミッドナイトパーティゴキブリポーカーをやっていましたが、
何か新しいのやりたいというので、たまたまその時に4人だったので、
カタンを出してみました。
f0115721_9232360.jpg

*********
「カタン」のゲームについては
HP「ゆうたんのおうち」のボードゲームコーナーこちら

ルールは覚えてしまえばなんていうことないのですが、
説明するとなると結構ややっこしいゲームです。
人生ゲームのようにルーレットまわして、出た目を動くというものではないので。
ドイツゲームの対象年齢10歳以上は
なかなか手ごわいゲームがそろっています。

説明書もルールだけで10ページあります。
よくよく考えて、なるべく難しく思えないように説明して、
楽しくプレイできるように持って行きました。
初めはつきっきりで、
資源回収やチャンスカードの説明をしていたのですが、
そのうち自分たちで遊び始めたので、
台所で夕食の支度をしながらなんとなく様子を見ていました。

驚いたのは、子どもたちの交渉が容赦ないというかすごいというか・・・
大人が混じってプレイするとつい、子どもに甘く交渉成立させてしまうのですが、
子ども同士だと、違うんですね。

たとえば、ひとりが
あげるから、欲しいんだけれど」と交渉を持ちかけます。
残りの3人がさっとを一枚ずつ出します。
すると、を出していた子が
一枚?何か付くかな~?」と持ちかけます。
3人はそれぞれ手もちの札から
「じゃあ、をつける」
「ボクは、3枚にするけど、そのかわり2枚にしてくれない?」と
それぞれが条件を出していきます。
私はそこまで説明しなかったのですよ。

しまいに、値を吊り上げるわ、脅かすわ(あくまでもゲーム上で)誰かと結託するわ・・・

乗ってくるといつもの通り・・・
「社長~ここの開拓うまくいかなくて資源が来ないんですよ~」
「うちは羊だらけで、そろそろジンギスカンレストランをはじめようかとおもってるので・・・」
(レストランはこのゲームにありませんので)
「うほほ。バブリ~」(資源回収がたくさんのこのセリフ)
「うわ、バブル崩壊」(7が出てバーストした子のセリフ)
などなど・・・

しかし、聞いていて、この子たちが大きくなって営業マンになったら、
悪徳業者だろうなと思ってしまいました(笑)

一度覚えてしまえば、たのしいカタン
やりたくなると子どもたちは4人で約束してやってきます。
1995年大賞受賞のこのゲーム。
12年たっても子どもたちをドイツゲームの魅力に引き込んでくれます。

*****:*****:*****
にいたんは、「カタン」は
親とやるより、友達とやった方が面白いことがわかったらしく、
最近、私とは遊んでくれません。つまらない・・・

スコットは相手にならないしな~
f0115721_929266.jpg

[PR]
by allemande0611 | 2008-06-19 09:29 | ドイツゲーム

ゲームの対象年齢

ドイツゲームには箱の横に対象年齢が書かれています。

f0115721_16544725.jpgたとえばこのゲームなら8歳から99歳までが対象年齢で、2~5人で遊べて30分くらいかかるという表示です。
ドイツのボードゲームだと、
その年齢以上にならないとゲームルールを理解するのに難しいという意味です。


最近のTVゲームにも対象年齢が表示されていますね。
「全年齢対象」「12歳以上」「15歳以上」「18歳以上」となっていて、
たいていは、「暴力的シーン」「グロテスクなシーン」「エロいシーン」が含まれているためです。

お正月少し過ぎたあたりで、にいたんが珍しく、
「お年玉でゲームソフトを買いたいんだけれど、15歳以上対象のソフトなんだ」と相談してきました。
何のゲームか確認して、ネットで調べると、
デモ画面でもかなりの流血。
それも、主人公は大きな剣を持って戦うのですが、
相手のモンスターが「人間型」なんですよ。

映画で、時代劇などで、人が人を切るシーンはあるのですが、
それは、自分の意志できるのではなく、制作された画面を見るだけ。
自分の意志でゲーム内の主人公を操り、
人型のモンスターを切って倒し、それが快感になるのは
ちょっとな~っと思いましたので、そのまま伝えました。
15歳以上となっているからには、それなりの理由があるわけで、
今すぐそのゲームをしなくても、もう少し待ってからやってもいいのではとも言いました。

にいたんは、しばらく考えてから、そのゲームは結局購入しなかったのですが、
最近そのソフトを持って我が家に遊びに来る子がいて、
(我が家にはPS2はありますから)
実際目の当たりにすると・・・・
う~~~ん・・・気持ち悪い。(私には・・・です)

子どもたちにとっては、ゲーム内の敵は、
ドラゴンの形をしてようが、スライムの形をしていようが、
人間の形をしていようが、
関係なく、倒すと快感プラス達成感を持つようで、
ヒジョーに盛り上がっています。

何日か続いたので、
まず、おやつを出して、TVゲームから引き離し
(まだ、食い物につられる6年生たち、かわいい!)

それから、ドイツゲームを出して始めると、
簡単に乗ってきました。
「ミッドナイトパーティ」
「マンハッタン」

   どんなゲーム?という方はこちら ミッドナイトパーティ
      マンハッタン

をやった後、新しく、
「ダイアモンド」
f0115721_634891.jpg

「マンマミーア」

f0115721_6343728.jpg
を教えると、えらく気に入った様子で、
次の日は、「マンマミーアやろう~」と集まってきて、
「今度の夏休みに、みんなで、ここでこのマンマミーアのゲームして、
ピザでも作って食べようぜ~」
という話になって…
「〇〇のお母さん、ピザ生地できますか~?」と聞かれました。

楽しそうだから良いです。
ピザでも何でも作りますよ!
[PR]
by allemande0611 | 2008-06-07 06:41 | ドイツゲーム

The ゲームナイト

BS日テレで「Theゲームナイト」という番組を発見。
HPはこちら→クリック

5月3日の第二回の再放送を見ました。
出演者は いとうせいこう / ロバート・ハリス / バカリズム / 中里真美
この大人四人で、 ドイツゲームの「マンハッタン」をプレイするだけの番組です。
f0115721_5333922.jpg

マンハッタンは我が家でも人気のボードゲームです。

録画で、にいたんと見ていたのですが、
途中の得点計算の時、
「世界一高いビルに3点」
「都市の中で一番高いビルに2点」(え~~~~!!!違うよそれ!)
「自分のビル一軒につき1点」
「だから、世界一のビルは6点とれるんですよね~」

と計算していて、にいたんと「違うよ~」と騒いでしまいました。

上記の計算方法だと、ひとつの都市にたくさんビルを建てても意味がないんですよ。
なんで、ルールが違うんでしょう~?
私が間違えた?と思わずマンハッタンの箱を開けてルールを確認。
やっぱり「それぞれの都市で、各ビルの最上階の色が自分の色になっているビルの数が一番多いプレーヤーに2点ずつ」と書いてあります。

せっかく、ドイツのボードゲームを紹介してくれる貴重な番組だけに、
残念です・・・
************
さっきHPをもう一度隅々までみたら、
番組では一部遊び方が変わる場合もございますと書いてありました。
できたら、本当のルールはこうだけれど、
番組内ではこのルールでプレイしますと言って欲しかったな・・・

我が家で子どもたちが遊ぶ様子はこちら→クリック
ミッドナイトパーティの後に遊んでいました。
もうひとつはこちら→クリック
HPゆうたんのおうちのページはこちら→マンハッタン
[PR]
by allemande0611 | 2008-05-05 05:39 | ドイツゲーム

ザーガランドのルール

何カ月か前、ドイツのボードゲームを紹介している
HP「gioco del mondo」のあきおさんが、
日本で売られている「ザーガランド」のルールは違う
というコメントをどこかに書いていたのを読みました。
gioco del mondoのザーガランドのページにも書いてありました。
Geekで英語ルールでも確認したそうです。
(私は英語が読めないので確認できません)

日本で売られているザーガランドは河田が出していて、
ルールは日本語のみ。
メビウスさんのようにドイツ語のルールが入っていませんので、
確認しようがありません。(ドイツ語ならちょっと読めるぞ)

違う部分は
日本ルール
「2個のさいころを振り、好きな方のさいころの目だけコマを動かす」
ドイツルール
「2個のさいころを振り、両方の目を使って駒を動かす」

ドイツルールだとたとえば3と5の目が出たとき、
3個動いて、木の裏を見て、また、5個動くこともできるのです。

初めて、「ザーガランド」をやったとき
(日本ルール)やたら前半が長くって、忍耐だな~っと思いました、。
それでも、おもしろいのですが、
確かにこれではゲームの流れが前半と後半では違ってしまいます。

ずっとドイツルールが気になっていたのですが、
なかなか相手がつかまらなかったので確信が持てませんでした。

でも昨日、にいたんの友達がきたので、ラッキー!!とばかり、
捕まえて(?)ザーガランドをドイツルールやってみました。

前半のスピードが違います。
木の裏を見る確率が上がるのです。
そして、城の周りにいて、村送りされても、すぐに前線復帰できます。

こっちのルールの方がぜんぜんこおもしろいじゃん・・・
というのが私の感想です。
どうせなら、ドイツのルールをきちんと載せて、
そのうえで、日本ではこうやったらどうでしょうか?という風に紹介して欲しかったです。
f0115721_5593990.jpg

私のHPも書き直さなくっちゃ・・・
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-21 06:02 | ドイツゲーム

ゲーム「マンハッタン」

にいたんのともだちが3人やってきて、
「ボードゲームをやろう!」ということになりました。
で、出してきたのが「マンハッタン」
f0115721_21213765.jpg

今年の夏に水道橋「メビウス」さんで仕入れてきたゲームです。

プラスチックのコマでビルを建てていくのですが、
何が楽しいって、人のビルを乗っ取れること。
子どもたちの声を聞いていると
「社長~早くビル建ててくださいよ~」
「マンハッタン地区はわが社のものだ」
「え~うちのビル乗っ取ったら、もうゲーム売ってあげませんよ」

(どうもゲーム会社の社長らしい)
「わ~シドニーに進出してきた~」
「わが社は運送会社だから、あちこちの都市に支店を作らなくては・・・」

(ゲーム本来のルールに会社の種類は関係ありません。念のため)

終盤にさしかかったボードの様子。
f0115721_21263375.jpg

ビルが高くなってきて、興奮してくると、倒してしまうことも・・・
そうなるともうおお騒ぎ!

このあと、お決まりのように、
「ゴキブリポーカー」をやって、(お母さんも入ってというので付き合いました^^;)
「6ニムト」をやって、帰って行きました。

楽しそうに帰って行く子供たちを見ると、
なんだかこちらも嬉しくなってしまいます。
[PR]
by allemande0611 | 2007-09-26 21:34 | ドイツゲーム