バスティン指導法研究講座2008 3回目

今日は巣鴨での高橋先生の講座でした。
内容はパーティC

読譜への導入の仕方、指導の仕方を
ピアノパーティ、聴音楽典パーティ、パフォーマンスの
それぞれのユニットごとに説明、実演してくださいました。

いつも、後半の「イルカ」あたりから
うまく進まなくなるので、
どうしてだろうと思っていましたが、
ああ、そうだったのかと納得した部分もあって、
良かったです。

毎回アンケートの質問に丁寧にお返事を書いてくださる高橋先生。
今日も疑問にずっと疑問に思っていて、
だれにもきけなかったことを書きました。
おバカな質問だと思われたかな・・・
[PR]
by allemande0611 | 2008-05-01 16:02 | ぴあの
<< スコットが我が家にきた日 所沢ステップ >>