所沢ステップ

所沢のミューズ・キューブホールに
アンサンブルステップの見学に行ってきました。

金子恵先生のトークコンサートがあるというので、
その前の部のキーボードオーケストラのアンサンブル(グランミューズの部)と
コンサートの後の部のバイオリンとチェロのアンサンブル(ジュニアの部)
そして、稲生先生によるワンポイント、トリオレッスン
講評、継続表彰を見てきました。

キーボードオーケストラとは、
キーボード7台くらい並べてオーケストラの代わりになるものです。
指揮者はキーボードオーケストラ「楽」の創立者 保坂 千里先生。

なかなか、協奏曲なんて、経験できないもの。
いいですね、こういうアンサンブル経験。

トークコンサートは
ピアノ 金子恵先生
バイオリン 田辺秀樹先生
チェロ 木内哲也先生による
メンデルスゾーンのピアノトリオ1番 第2楽章
稲生先生編曲ジーツィンスキーの「ウィーン 我が夢の街」でした。

キューブホールは本当に舞台に近くって、
こんなそばでトリオを聞いていいのかな~っと思いつつ、
前の方でにいたんとかぶりついて聴いていました。
まるで、私たちのために弾いてくれているみたいな感覚です。

金子先生の素敵なピアノ音。
ヴァイオリンとチェロの息の合った演奏。
無料でお得なひと時でした。

トークコンサート後のアンサンブルステップは
みなさん、良い演奏をされていて、びっくりです。
堂々と、ヴァイオリンとチェロの先生と音楽を作っていました。

ワンポイントレッスンは稲生先生のご自身の作曲による「かわせみ」
先生が生徒さんに「かわせみ見たことある?」と聞きましたら
「テレビで」と答えていました。
そうですよね・・・私のような風光明媚な地にいないと、
見ることのできない鳥ですものねぇ。

トリオとの合わせる時の注意などのアドバイス、
勉強になりました。

ソロのステップも聞きたかったのですが、
運転手についてきたパパしゃんが
もう限界だったので、帰りました。
(トークコンサートだけ聞いて、後は航空公園で遊んでいたようです)
[PR]
by allemande0611 | 2008-04-29 18:19 | ぴあの
<< バスティン指導法研究講座200... コーチングセミナー第一回目 >>