講座に行ってきました。

昨日はバスティンの藤原先生の講座でした。
パーティーDと併用教材のテクニックのお話。

テクニックは先日MIDIを買って、
一通り弾いておいたので、先生のお話を聞いてなるほどと思う箇所多々ありました。
自分一人だと、気が付いていないこと(書いていないスラーとか)あるんだと、
改めて思いました。

そのほか印象に残ったのは、
音のお話。
ただP ピアノ(弱く、小さく)だけではなくて、
どんなPなのか。
さびしいP・悲しいP・憂いに満ちたPなど、
形容詞が必要な音を考えるということ。

意外と音に無頓着になりがちな子供たちに
気をつけなくては・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

講座の後は、藤原先生を囲んで、バス研立ち上げ有志の皆さんとお食事。
楽しいひと時でした。

なかなかピアノの先生同士でお話しする機会がなかったので、
いろいろなお話が聞けてよかった~
遠くから(中には新幹線で)この講座に駆けつけてくる方もいて、
みなさん、熱心だな~って、感心してしまいました。

必死になって、名刺作っておいて、役に立ったわ(パソコンと格闘したぞ・・・)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

そうそう、数日前に、池川先生の講座のレポートが返ってきました。
質問に丁寧に答えてくださって、うれしいものですね。
しかし・・・先生のお答えを読むと自分の甘さがよくわかって反省・・・
[PR]
by allemande0611 | 2008-02-22 09:42 | ぴあの
<< うれしかったこと ザーガランドのルール >>