トライボール

手術が決まったばあちゃん。

先日、病院に行ったら、
看護師さんに「用意するものリスト」を渡されました。
前日までに用意して、名前を書いてひとまとめにしておくことと・・・

「吸い飲み」「T字帯」は解る。
でも「かかとのある靴」とか
「トライボール」?????

なんだろう?

病院内の売店で「かかとのあるくつ」を聞いたら、
「リハビリ用のくつの事ですよ」と出してくれた。
軽くて、転倒防止のくつで、
リハビリにつかうとか。

やはり聞いて買ってきたのが「トライボール」

f0115721_2135238.jpg


箱を開けると

f0115721_2135574.jpg


(??)何に使うんだろう?まるでおもちゃのよう。

看護師さんに聞いたら、
呼吸訓練だそうで、
息を吸うと玉があがるのだとか・・・
弱いと1つ、
慣れてくれば3つ上げてその状態で3秒保てるようにするそうで、
手術までの毎日、
これで訓練をして、
肺の機能を向上させて、
手術の成功率を上げるのだそうです。

「読んでおいてくださいね」と
看護師さんに渡された
「大動脈弁の手術を受ける患者さんへ」という冊子には
手術の翌日から、手足のリハビリ開始し、
寝たきり老人にならないようにするそうです。
だから、リハビリのくつまで用意するわけだ。

ついでに、昨日は知能テストをされたそうで、
「100から7ずつ引いて数字を答えてください」との問題がでたとか。

「難しかったでしょ?」と聞くと。
「10から7弾いたら3でしょ
 だから、一桁目は3をたしていけばいいから
 93、86、79、72、65・・・・
 ってかんがえて答えたの」

(@@; それってかえって難しくない?・・・

あと、バラ、ひまわり、朝顔の花を見せられて
「どこが違うか」とか
音読させられたり、
色々あったそうで・・・

明日は院内の床屋さんが出張してきて
髪の毛をカットしてくれるそうです。

準備は着々と進んでおります。
[PR]
by allemande0611 | 2012-02-12 21:16 | 日記
<< 手術の待ち時間 「外科医」という人種 >>