ピアノサロンの後で

1月29日(日曜日)
受験まっただ中と言うのに、
ピアノサロンに集まった中学3年生たち。

自然な感じで音楽を楽しんでいる
その姿がさわやかで、いいな~っと思いました。

サロンの後、
Kちゃんのドラムの師匠の倉庫に
おかりしたパーカッションの数々を置きに行き、
そのまま帰るのかな?とおもったら、
結局家に来て、
にいたんとKちゃんは7時近くまでピアノとカホンで遊んでいました。

ひそかに、次のサロンで「何を演奏するか」を決めていた様子・・・

そして、Kちゃんが帰った後、
にいたんは私に向かって、
「あのさ~
 今までなんでピアノやってるんだろうって
 思いながら続けてきたけれど
 今日初めて、
 やっていて良かったと思ったよ」

と言われて、びっくりしました。

いつも「いつか良かったと思うことあるよ」と言ってはいたものの、
突然面と向かっていわれて、
ドキマギした母です(汗)
f0115721_1472949.jpg


カメラマンパパはカメラ3台で、
静止画や動画を撮っていたので、
まだ整理がついていません。
写真お待ちの方、すみません。

そのなかで、傑作な動画が2本。

ひとつはバスティンのコラージュオブソロから
「winter day」
にいたんが弾くとなんだか「お化け」のように怖い。
そういえば、前の日に「この曲、怖いよな~お化けっぽい」と言っていたけれど、
そう思って弾くと怖い。
で、Kちゃんがそれにあわせて効果音いれるから
(ウィンドドラムとか)
もう、笑っちゃうほど「怖い」
会場にいたリュウちゃんがケタケタ笑っている声が入っていましたが、
子どもでも感じるですね、音のおもしろさ。

もうひとつは
「テルーの唄」
これは会場にいないと解らないけれど、
冒頭のしんみりフレーズに
Kちゃんが入れたパーカッションが・・・なんとも、ミスマッチで、
会場大爆笑。
動画を何度も見て、
涙が出るほど笑いました。

翌日やってきたKちゃんとも見て、
転げるほど笑いました。

いや~音楽って楽しい!(ちょっと違うか・・・)
[PR]
by allemande0611 | 2012-02-03 14:09 | ぴあの
<< 六本木で人間ドック 第6回ピアノサロン in Ea... >>