にいたんの肩

先週の金曜日
停電の後、にいたんとDVDで映画を観ていました。

見終わったら
 「やべ~左の肩が痛い!」 とにいたん

変な格好して2時間の映画を観てたから。


1日寝れば治るかと思ったら、
次の日は首も回らない。
お茶碗も持てないし、
食べようと前かがみになっただけで、
痛くて叫んでる・・・

部活を休んで3日間・・・治らない。

どうしようかと思ったけれど
今日は停電も無いし、電車も動いているので、
師匠に紹介された整体に連れて行きました。

行きの電車の中では
「痛いから、左側に寄りかかるな」
「さわるな」
「吊革につかまれない」
(--;はいはいわかったからと
なだめて先生のところへ。

「痛いのはどの辺」と先生
「肩と背中の方、首も」とにいたん
「手はどこまであがるの?」と先生
「ここまで」
「こうしたらあがる?」
「・・・?」
「ここ押さえてるから、手をあげてみて」
「・・・え?」

しばらくあちこち押さえたり触ったり、そして
「大丈夫、手をあげてごらん」
「え~~~うそ~~~上がる!痛くない」と
にいたん絶叫(@@;

「今日一日ゆっくりして、明日からバスケやっていいですよ」
「は?明日からいいんですか?」
「大丈夫です」


そしてにいたんは
帰りはスキップして帰ってきました。

先生に感謝!
[PR]
by allemande0611 | 2011-03-29 17:20 | 日記
<< 東の空にえがおよ、届け! ちっちゃな図書館プロジェクト >>