12年ぶりに会えたバムとケロ

島田ゆかさんの絵本
バムとケロのシリーズ最新刊が
12年ぶりに出ました
「バムとケロのもりのこや」

さすがに
中学生のにいたんに買う年齢でもないし、
どうしようか迷っていましたが、
やっぱり欲しくて買ってしまいました。

予想通り「木曜日」のお話。
バムもケロもおじぎちゃんもヤメピもいます。
「もりのこや」は
以前のシリーズを読んでいない人にはいまいちなのかもしれませんが、
なつかしい、キャラ達にであえて、うれしいことったら~♪

テーブルの上に置いておいたら、
学校から帰ってきたにいたん
「うわ~!!なつかしい~」とさっそく読み始め、
「あ~このキャラ、ガラゴに出てた」
「おかいものにでてたカバだ~」
「うほ~こいつもここにいる」
「をを~新キャラだ」
「ケロちゃんがお買い物で買った生地がここに使われてる~」
と、嬉々として読んでいました。

そして、うちにあるシリーズ全巻4冊+ガラゴシリーズ2冊を出してきて、
隅々のキャラを確認。

ふと、以前の金魚草の話を思い出し
「うちの息子もタネはしっかり植わってるんだな」と
思いました。
[PR]
by allemande0611 | 2011-02-09 22:46 | 日記
<< なんと!新聞記事に・・・ 秩父国際音楽祭プレコンサート >>