懐かしい場所

先週、母が帯状疱疹を発症。
通いで点滴を受けることになりました。
午前に2時間。午後に1時間。
送迎のため私は自宅と病院を1日2往復です(--;

:*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨'

その合間のちょっとフリーになれた時間に、
ちゃっぴい先生とお会いしました。

案内された場所は
15年ほど前、まだバブルの名残りのある頃、
良く行っていたレストランの場所。

「子どもが3歳過ぎたら一緒に食べに来ますから」と
出産前に約束していたレストラン。
バブル崩壊の後、閉じてしまっていて、
その後どうなったのか知らなかったのですが、
案内されて行ってみると、
ちょっとしたお食事が出来て、
2階は演奏会や展覧会が出来るようになっていました。

中の雰囲気は当時のまま。
でも、いつも気持ち良く迎えてくれていた
マネージャーさんはいませんし、
素晴らしい腕前でよくテーブルまであいさつに来てくれた
シェフの姿もありません。

一瞬タイムスリップしたかのように感じました。

ばあちゃんの介護の疲れが取れました。
こんな偶然を作ってくれたちゃっぴいさんに感謝です。
[PR]
by allemande0611 | 2010-06-28 15:12 | 日記
<< 朝読書 学校総合大会 >>