ABUのTV放送

昨夜、ABUのテレビ放送を見ました。

先日、駒沢オリンピック公園総合運動体育館似見に行ったものです。日記はこちら

TV放送だと、結果は分かっていても、
選手たちの素顔や舞台裏でのエピソードなどが見ることができて、
「あ~そうだったのか~」と納得したり、感動したり。

中でも、日本に着いてから「バッテリーが規格外」と言われて困っているベトナムチームに、
助け船を出した豊橋技術科学大学。
仲間から仲間へ助けの話が伝わっていき、
東京農業工業大学のロボコン仲間の一人が徹夜でバッテリーを作り充電して、
当日の朝、タクシーで届けるというエピソードはTVを見なくては分からないものですね。

豊橋としては、自分たちよりスピードが優っているベトナムチームを助けるのは複雑な気持ちもあったと言いますが、そこはホスト国として、フェアプレイ精神ですね。
偉いです!

豊橋が助けたベトナムチームは日本の金沢を破ってベスト4まで来ました。

予選リーグでもめた韓国とタイのチーム。
試合後に舞台裏のブースで韓国チームの代表がタイのブースに行き
あいさつした光景も素敵でした。
その時にタイのチームの学生さんが言った言葉

「世界中の友達を作ることが目的だったから」
まだまだ世の中捨てたものではないな~っと思いました。
[PR]
by allemande0611 | 2009-09-22 22:02 | 日記
<< 学びの秋 体育祭の前夜祭は、あの味噌汁! >>