月世界でのトラブル

  あなたがたは、宇宙船の乗組員である。
  はじめの計画では明るい方の月面上で、母船とおちあうことになっていた。
  ところが、あなたがたの宇宙船は、機械の故障で、
  母船と落ち合う予定地点から200kmほど離れたところに着陸してしまった。
  その上、積んでいた機械の多くも破損してしまった。
  生き残るためには、どうにかして、母船と落ち合う地点に
  たどり着かなければならない。
  そこで、月面上200kmの旅行に必要な品物を選択する必要に迫られている。
  次にかかげてあるのが、着陸の際の破損をまぬがれて、
  完全なままで残っている品物リストである。

  ここでの課題は、あなた方乗組員が予定地点に到達するための
  必要度(重要度)に応じて、
  これらの品物に順位をつけることである。

    マッチの入った箱
    宇宙食(固形食)
    ナイロンテープ15m
    救急箱
    45kgの酸素ボンベ
    月から見た星座図
    救命いかだ(ゴムボート)
    20リットルの水
    太陽光で動くFM送受信機


***************************

昨日、にいたんの中学校の授業参観で、
先生が子どもたちに出した課題です。

説明の後、各班で話し合い、斑ごとに順位をきめさせていました。
その時の注意が
  ・自分の意見だけを主張しない
  ・決定するためや争いを避けるためだけに自分の意見を変えてはならない
  ・決定するために多数決や平均値を出すとか、取引することはしない
  ・事実と意見を分けて考えること
でした。

おもしろい!と思いました。
子どもたちの話し合いの様子をみていて、
「生き残るためにどうしたらいいか」という意見が
活発に話合われていました。

にいたんの班の近くに行くと・・・
「絶対1番は宇宙食だ」というにいたんの声が・・・
(@@)え?・・・まず生命維持には「空気」だろう?と思って聞いていると。
「腹がへっては何もできないよ」という意見(--;

各班の話し合いが終わった後、
順位の発表。

そのあと、先生から
「実はこれはNASAの宇宙飛行士の実際の訓練に使われたワークシートです」
とお話があり、NASAの宇宙飛行士が決めた順位を教えてくれました。

まず、生命維持に必要な 酸素ボンベと水
その次に自分たちのいる地点を確認する 星座図
そして、母船との交信できるかもしれない 送受信機
それから 宇宙食
救急箱、ゴムボート、ナイロンテープ、マッチ

ゴムボートは中のガスを少し抜くと推進力になるそうです。
また、太陽光を遮るためかぶったりするのに使うとか。

なかなかユニークな授業でした。

************************************
追加

スペースシャトルで打ち上げられ、6年間宇宙に行って帰って来た種を改良したお花です。
「リジョイス」

f0115721_8292561.jpg

[PR]
by allemande0611 | 2009-06-04 07:40 | 日記
<< 上級コーチングセミナー第二回目 ツバメちゃんたち >>